中1理科の「しゅう曲」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中1理科の「しゅう曲」についてまとめています。

しゅう曲

しゅう曲
地層が横からの大きな圧力を受けると、しわの ようにおし曲げられる。これを、しゅう曲という。

スポンサーリンク

しゅう曲の形式

しゅう曲のしかたはいろいろであるが、大きく分けると

  • 対称的なしゅう曲… 山のようになった部分を背斜、谷のようになった部分を向斜という。
  • 対称的でないしゅう曲…背斜または、向斜の両側の傾斜のしかたがちがったものである。
  • 横だおししゅう曲…部分的に地層の重なり方が逆になる(地層の逆転)。

に分けられる。

しゅう曲の規模

しゅう曲には規模の小さいものと大きいものがある。一般に横からの圧力が大きく、圧縮量が多いとはげしくしゅう曲し、横だおししゅう曲のようなしゅう曲がおこる。このようなしゅう曲が、広範囲にわたって行われると、しゅう曲山脈をつくるようになる。

造山運動

造山で火山を除いた多くの山は、峰を連ねた山脈を つくっていることが多い。このような山脈の大部分は、大規模なしゅう曲作用によってつくられる。このような山脈をしゅう曲山脈といい、しゅう曲山脈をつくるような地殻変動を造山運動という。

アルプス山脈やヒマラヤ山脈のような世界の大山脈をはじめ、日本列島も造山運動によってできたものである。

しゅう曲山脈の構造

現在のしゅう曲山脈の構造を調べてみるとしゅう曲の高いところ(背斜の部分)が高くなったような単純なものではなく、非常に複雑なしゅう曲構造をしていることがわかる。それは、横だおししゅう曲していることがわかる。それは、横だおししゅう曲がいくつにも複雑に重なったものである。

まとめ

  • しゅう曲…地層の横方向からおしあう力がはたらき、地層が波打った状態になったもの。
  • 断層…地層がある面を境にくいちがった状態になったもの。

<地層の重なり合う方>

  • 整合…堆積が連続して行われる→地殻変動を受けなかった。
  • 不整合…堆積に時間的中断があるもの→地殻変動を受けた。

あわせて確認

以上が、中1理科の「しゅう曲」のまとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク