▶ YouTube動画「トイトク」定期テスト・高校入試対策

中学公民「地方自治に関するテスト対策問題」

スポンサーリンク

中学公民「地方自治に関するテスト対策問題」です。

スポンサーリンク

地方自治の練習問題

次の資料を見て、次の問いに答えなさい。

<資料>

請求の種類 必要な署名 請求先
条例の制定または改廃の請求 有権者の(①) (③)
監査請求 有権者の50分の1以上 監査委員
議会の解散請求 有権者の3分の1以上 (④)
議員・首長の解職請求(リコール) 有権者の(②) 選挙管理委員会

(1)上の資料(表)の①~④の(  )に適する語句を次の語群かの中から選びなさい。

(語群)50分の1以上 3分の1以上 3分の2以上 過半数 選挙管理委員会 首長

(2)次の説明文のア~ウの(  )に適する語句を書きなさい。
(説明文)住民には、選挙権や被選挙権のほかに、地域の重要な課題についての意見を投票に示す( ア )制度や、資料(表)中にある権利である( イ )が認められている。また、住民が地方公共団体の行政を調査・監視できるように( ウ )制度を取り入れ、地方自治に取り組む地域が増加している。

(3)あす市の人口は15万人で、有権者は12万人である。首長の解職を求める場合、何人以上の署名が必要か。

(4)首長の解職を成立させるには、署名の提出後、住民による投票でどれだけの同意を得る必要があるのか、(1)の語群から選びなさい。

地方自治の練習問題の解答

(1)
①50分の1以上
②3分の1以上
③首長
④選挙管理委員会

(2)
ア 住民投票
イ 直接請求権
ウ オンブズマン

(3)4万人以上

(4)過半数

復習しておこう!
地方自治は、地域住民が自らの意思で地域の政治や行政を運営する仕組みです。地方公共団体は都道府県、市町村などがあり、それぞれに議会と首長(知事や市町村長)が存在します。議会は条例の制定や予算の審議を行い、首長は行政の執行を担当します。地方自治の基本原則は、住民自治と団体自治です。住民は選挙や住民投票を通じて自治に参加し、自治体は国からの干渉を受けずに独自に運営されます。これにより、地域の特色や住民のニーズに合った行政が実現されます。

コメント

テキストのコピーはできません。