中学国文法「副助詞の対策問題」

中学国文法「副助詞の対策問題」です。

■ 副助詞
いろいろな語句に付いて、ある意味を付け加える助詞
(例)次こそ成功させぞ。 「こそ」は強調を表す副助詞。
スポンサーリンク

副助詞の対策問題

【問1】次の下線部の副助詞の意味をあとから一つずつ選び、記号で答えなさい。
(1)わたしこそ失礼しました。
(2)泣きたいほどうれしかった。
(3)いつも間にやらいなくなっていた。
(4)こんなテントなど、飛ばされていますよ。
(5)弟だってそれくらいのことは知っている。
(6)行くなり帰るなり、好きなようにしなさい。
(7)冷たいジュースでも飲もうか。
(8)この金庫は彼にしか開けない。

ア 軽くみなす
イ 並列
ウ 程度
エ 否定と呼応する限定
オ 不確か
カ 強調
キ 例示
ク 他を類推させる

副助詞の対策問題の解答

(1)カ
(2)ウ
(3)オ
(4)ア
(5)ク
(6)イ
(7)キ
(8)エ

■ ポイント
その助詞があることによって、どのような意味が付け加えられているのか考える。

コメント

テキストのコピーはできません。