中2国語「日本の花火の楽しみの定期テスト過去問分析問題」

中2国語「日本の花火の楽しみの定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

日本の花火の楽しみの定期テスト過去問分析問題

教科書の「日本の花火の楽しみ」の「大きく整った球体となって開花するためには~味わいに富んだ芸術なのだと思う。」の部分を読んで、次の問いに答えなさい。

問一 「このタイミングを合わせるために、打ち上げる技術にも気を配る。」とありますが、どのタイミングで花火を開かせるとよいのか。本文中の言葉を使って、簡潔に書きなさい。

問二 「理想とする花火の姿」とありますが、理想とする花火のために、花火師が最も神経をつかうのは、どの作業ですか。本文中より四字で書き抜きなさい。

問三 「星」について、星は別の言い方で何と言われていますか。本文中より四字で書き抜きなさい。

問四 「星」の理想に姿にあてはまらないものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 均等に飛ぶ
 イ 不規則に蛇行する
 ウ 理想の色に見える。
 エ 一斉に色が変化する。

問五 「現代の花火大会」について説明した文の➊➋の(  )にあてはまる言葉を、本文中から書き抜きなさい。ただし、どちらも2字とする。

(説明文)観客を楽しませるための( ➊ )面が重要となり、さらに、さまざまな形やこれまでにない( ➋ )の花火が生み出され続けられている。

問六 「味わいに富んだ芸術」とありますが、それはなぜと筆者は考えていますか。それをまとめた文の➊➋の(  )にあてはまる言葉を、本文中から書き抜きなさい。ただし、句読点を含めて➊は9文字、➋は5文字とする。

(まとめ文)花火は、( ➊ )を同時に感じさせる点で、( ➋ )といった感覚を解する日本人の心を打つから。

日本の花火の楽しみの定期テスト過去問分析問題の解答

問一 (例)花火玉が上昇から落下に転ずる一瞬止まった時

問二 星の制作

問三 花火の命

問四 イ

問五 ➊演出 ➋動き

問六 ➊華やかさとはかなさ ➋情緒、風情

コメント

テキストのコピーはできません。