中3国語「AIは哲学できるかの定期テスト過去問分析問題」

中3国語「AIは哲学できるかの定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

AIは哲学できるかの定期テスト過去問分析問題

教科書の「AIは哲学できるか」の「しかし根本的な疑問が起きてくる。~新次元を開くことになると思われる。」の部分を読んで、次の問いに答えなさい。

問一 「この哲学的人工知能」とありますが、筆者は、哲学的人工知能がどんな作業をすると考えていますか。本文中から二つ書きなさい。

問二 「そういうことは当分は起きない」と筆者が予想するのはなぜですか。本文中の言葉を使って、書きなさい。

問三 「人間と言う類の証し」とは、哲学的にどのようなことだと考えられてきましたか。本文中から二つ書き抜きなさい。

問四 「将来の人工知能によっていずれ陥落されられるだろう」とありますが、ここでは「陥落」とはどのような意味ですか。最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 哲学的な人間の活動や能力は将来衰えていくので、早いうちに人工知能にその役割を交代させるべきだということ。
 イ 人工知能が進化することで、人間の大きな特徴であった哲学的な活動や能力は必要なくなること。
 ウ 哲学的に人間という類の証しであると考えられてきた活動や能力を得た人工知能が、将来人類を支配するということ。
 エ 哲学的に人間という類の証しであると考えられてきた活動や能力が、将来人工知能にもできるようになること。

問五 「人工知能が人間の次元に到達する」ためには、「人間と言う類の証し」に加えて何が必要だと筆者は考えていますか。本文中から七字で書き抜きなさい。

AIは哲学できるかの定期テスト過去問分析問題の解答

問一 (例)
・外部から入力されたデータの中に、未発見のパターンを発見すること。
・人間によって設定された問いに、解を与えること。

問二 (例)人工知能は、人間と違って自分自身にとって、切実な哲学の問いを内発的に発することはないから。

問三
・自由意志に基づいた自律的活動
・普遍的な法則や真理を発見できる思考能力

問四 エ

問五 内発的哲学能力

コメント

テキストのコピーはできません。