中1国語「子どもの権利の定期テスト過去問分析問題」

中1国語「子どもの権利の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

子どもの権利の定期テスト過去問分析問題

教科書の子どもの権利の「ところで、私は高校生の時に~平和な社会を築くために必要なのです。」の部分を読んで、次の問いに答えなさい。

問一 筆者は、高校生の頃、国連についてどんなイメージを持っていたか。簡潔に書きなさい。

問二 国連について、筆者が弁護士になって初めて知ったこととはどのようなことだったか。本文中から二十字で書き抜きなさい。

問三 国連についての説明として適切でないものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 人権の保障を目的の一つに掲げて活動してきた。
 イ 子どもの権利条約をきっかけに国際人権条約を作った。
 ウ 二度の世界大戦のあと、一九四五年に設立された。
 エ 将来の世代を戦争の惨害から救うために設立された。

問四 「違いのある一人一人」とあるが、どのような違いを例としてあげているか。本文中から三つ書きなさい。

問五 子どもの権利条約では、子どもの教育の目的を何であると定めていますか。本文中から五十四字で探し、初めと終わりの五字を書きなさい。

子どもの権利の定期テスト過去問分析問題の解答

問一 漠然としたイメージ

問二 人権の分野で大きな役割を果たしてきたこと

問三 ア

問四
・人種や民族、性別による外見の違い。
・生まれた国ごとの話す言葉や置かれた状況の違い。
・人が育つ家庭環境の違い。

問五 (初め)子どもが人 (終わり)準備にある

コメント

テキストのコピーはできません。