中2国語「モアイは語るの定期テスト過去問分析問題」

中2国語「モアイは語るの定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

モアイは語るの定期テスト過去問分析問題

教科書のモアイは語るの「イースター島のこのような運命は~それが、人類の生き延びる道なのである。」の部分を読んで次の問いに答えなさい。

問一 「イースター島のこのような運命」について触れている一文を、「日本列島において文明が~生命線なのである。」の間から探し、その文の初めの五字を書きなさい、(句読点も含む)

問二 「日本列島において文明が~生命線なのである。」の段落の要点となる一文を選び、その文の初めの五字を書きなさい、(句読点も含む)

問三 「いかに現代という時代が異常な時代であるか」とあるが、何が異常なのですか、答えなさい。

問四 「二十一億ヘクタールの農耕地で生活できる地球の人口は、八十億がぎりぎりである」とあるが、この分と同じ意味を表しているものを次から一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 二〇三〇年以降は確実に食料不足となる。
 イ 人口の増加をおさえることが大事である。
 ウ 二〇五〇年までは現状のままで問題ない。
 エ 農耕地をさらに広げることが大事である。

問五 「二十一億ヘクタールの農耕地で生活できる地球の人口は、八十億がぎりぎりである」とあるが、筆者は、地球の人口が八十億を超えると、何が起こると考えていますか、答えなさい。

問六 「地球も同じである」とは、(1)何と(2)どんな点が同じだというのですか、答えなさい。

問七 筆者はこの文章でどのようなことを主張していますか、説明しなさい。

モアイは語るの定期テスト過去問分析問題の解答

問一 絶海の孤島

問二 森林は、文

問三 異常な人口爆発

問四 ア

問五 食糧不足や資材の不足が起こる

問六 
(1)イースター島
(2)飢餓に直面した時、どこからも食料を運べない点

問七 異常な人口爆発の中で生きる私達は、この有限のある資源を効率良く長い間利用できる方策を関考えなければならないこと

コメント

テキストのコピーはできません。