中1国語「ちょっと立ち止まっての定期テスト過去問分析問題」

中1国語「ちょっと立ち止まっての定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

ちょっと立ち止まっての定期テスト過去問分析問題

教科書の「ちょっと立ち止まって」の「見るという働きには、~新しい発見の驚きや喜びを味わることができるだろう。」を読んで、次の問いに答えなさい。

問一 「一瞬のうちに」と同じ意味の言葉を文章中から三字で抜き出しなさい。

問二 「上の図」「左の図」はそれぞれどんなことを説明するために使われているか。適切なものを次から一つずる選び、記号で答えなさい。
 ア 一度思い込むと別の絵を見ることは難しい
 イ どんな図も人は何かの絵と見るはずである。
 ウ どんな絵も別の面をもっているものである。
 エ 図の見方は、見る人の性格にも関係がある。
 オ 見る距離によって見えるものが違ってくる。

問三 「別の絵と見る」ためには、最初見えた絵をどうすることが必要だと述べているか。文章中の言葉を使って十字前後で書きなさい。

問四 前の段落で述べたことを、日常生活上の例を挙げて説明している段落を探し、その初めの四字を書きなさい。

問五 「ちょっと立ち止まって、ほかの見方を試してみてはどうだろうか。」とありますが、具体的にはどうすればよいのですか。文章中の言葉を使って、二つ書きなさい。

問六 この文章の要旨を、筆者の意見をふまえて、「ほかの見方」という言葉を必ず使って、二十字以上三十字以内で書きなさい。

ちょっと立ち止まっての定期テスト過去問分析問題の解答

問一 ひと目
問二 「上の図」ア /「左の図」オ
問三 見た絵を意識して捨て走ること
問四 このこと
問五 中心に見るのを変える / 見る距離や角度を変える
問六 (例)物をほかの見方をすることで、新しい驚きや発見がある。

コメント

テキストのコピーはできません。