高校入試対策・面接「面接での話し方のポイント」

シェアする

スポンサーリンク

高校入試対策・面接「面接での話し方のポイント」です。面接では、口をはっきり開けて話し、声の大きさにも気を配る必要があります。また、話すスピードと声の高低・強弱が決め手となります。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、高校入試対策・面接「面接での話し方のポイント」です。

面接での話し方のポイント

面接では、あなたが思っていることや考えたことを言葉にしなければなりません。言葉がきちんと面接官に伝わるように、話し方にも工夫をしなければなりません。重要な要素が声の大きさです。 面接試験は多くの場合、教室や会議室で行われます。教室や会議室などのような比較的大きな会場では、ふつうの会話の時の大きさで話すと、声があまり通りません。

また、声が拡がって散らばるため、はっきりと聞き取れないこともあります。そのため面接の時はやや大きめに声を出し、口をはっきりと開けて話すように心がけて、あなたの発言が面接官に、しっかりと伝わるようにしなければなりません。

話すスピードと声の高さ、それに声の強弱に気を 配るようにします。同じ内容のことを話していても、その話し方によって相手の受け止め方 が違ってくるので、いい話し方ができれば面接官に与える印象もアップするに違いありません。

スポンサーリンク

話すスピード

早口で話すと、「緊張している」「落ち着きがない」という印象を与えがちで、よくありません。そんな時、大切なところはゆっくりと、そうでないところは早口にならない程度にやや速めに話すなど、話すスピードに少しメリハリをつけると、印象深く聞いてもらえます。

声の高さ

高い声で話すと、どうしても相手に「緊張して上ずっている」「幼稚っぽい」と悪いイメージを与えかねないので、声が高くなりすぎないように気をつけます。そうすることで、落ち着いた低めの声の方が説得力のある話し方ができます。ただ、あまり低くなりすぎると「ボソボソ」話しているような感じにとられるので、気をつけましょう。

声の強弱

強い声で話すと、相手に強いインパクトを与えるという効果がある一方で、怒って話しているという印象を与えがちです。逆に弱い声だと、ハリがなく自信のない発言のイメージを与えてしまいます。そうならないために、重要なところは声を強め、そうでないところは適度な強さの声で話すなど、声の強さにもメリハリをつけて話す工夫をすると、印象深い話し方ができます。

言葉づかい

正しい言葉づかいに慣れておく必要があります。若者言葉や話し言葉は言語道断です。面接では、面接官が不快に思う話し方をしてはいけません。面接官は、特に若者言葉や話し言葉を使う中学生にはあまりよい印象を持たないので注意が必要です。これらの言葉は、知らないうちに使っていることが多いので、日ごろから気をつけていきましょう。

若者言葉

「超○○」「普通に~」「一応~」「~じゃん」など、主に若者が日常的に使っている言葉のことです。面接の時に使う言葉としては適当ではありません。

話し言葉

「..じゃない」「そんな」「やっぱり」「だけど」など、日常の会話でよく用いられる言葉のことです。公式な場で用いる言葉としては難があるので、使わない方がよいでしょう。

まとめ

口をはっきり開けて、やや大きめの声で話すようにする。
いわゆる「若者言葉」や「話し言葉」は使わない。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク