中1国語「月を思う心の定期テスト過去問分析問題」

中1国語「月を思う心の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

月を思う心の定期テスト過去問分析問題

教科書の「月は思う心」の「昔から伝わる次の歌の~空に輝く月を眺め続けることでしょう。」の部分を読んで次の問いに答えなさい。

問一 歌の中で「月」が出てくるが、日本語の「月」を表す意味を二つ、三字と七字で文章中から抜き出しなさい。

問二 「昔の人が使っていた暦」とは、どのような暦か。次の(   )に当てはまる言葉を文章中から抜き出しなさい。
 (文)月の(  )暦

問三 「そのような季節分け」とありますが、それを具体的に示した部分を含む一文を文書中から抜き出しなさい。

問四 「月は、古来、たくさんの歌や句に読まれてきました。」とありますが、どのように詠まれてきたのか、文書中の言葉を使って簡潔に書きなさい。

月を思う心の定期テスト過去問分析問題の解答

問一 空の月 / 一月、二月の月

問二 満ち欠けに合わせた

問三 季節は、春を一月から三月、夏を四月から六月、秋を七月から九月、冬を十月から十二月と分けていました。

問四 月に自分の思いを重ねたり、月の美しさをたたえたりして詠まれてきた。

コメント

テキストのコピーはできません。