中2国語「最後の晩餐の定期テスト過去問分析問題」

中2国語「最後の晩餐の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

最後の晩餐の定期テスト過去問分析問題

教科書の「君は最後の晩餐を知っているか」の「中央にいるのがキリストである。~思わせる一つの要因だろう。」を読んで次の問いに答えなさい。

問一 「だから、これが、「最後の晩餐」なのだ。」とあるが、なぜ「最後」なのか。「~から。」に続くように、十三字で書き抜きなさい。

問二 「まるで手のポーズの見本帳である。」について答えなさい。
 (1)手のポーズには何が託されているのですか。四文字で書き抜きなさい。
 (2)このように手を描くことができたのはなぜですか・

問三 「遠近法の原理」とはどのようなものか。十二字で書き抜きなさい。

問四 レオナルドが遠近法を駆使していた証拠は絵の何に見られるか。本文中から六字で書き抜きなさい。

問五 「光の効果も緻密に計算していた。」とあるが、これは「明暗法」と呼ばれている。具体的にどのように絵の中で使われているのか。次から選びなさい。
 ア 絵の明暗を奥にいくほど暗くなるように調整した。
 イ 絵の中の明暗を現実の窓から指す光の方向にそろえた。
 ウ 絵の中の明暗を現実よりも落差を強調して描いた。
 絵 右側は影、左側には光が当たるように、現実の窓から差す光の方向に合致させた。

問六 「絵画の科学」とは何か。三つ書きなさい。

問七 筆者はこの絵を「かっこいい。」と感じる要因はどんなことだと述べているか。四十字以内で書きなさい。ただし、句読点を一字とする。

最後の晩餐の定期テスト過去問分析問題の解答

問一 明日、キリストは、磔刑になる

問二
(1)心の動き
(2)人体の解剖を通して、人の体の仕組みを知り尽くしていたから。

問三 遠くのものは小さく見える

問四 くぎの穴の跡

問五 イ

問六 解剖学・遠近法・明暗法

問七 レオナルドが究めた絵画の科学と、そのあらゆる可能性を見ることができるから。

コメント

テキストのコピーはできません。