中1国語「落語(桃太郎)の定期テスト過去問分析問題」

中1国語「落語(桃太郎)の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

落語(桃太郎)の定期テスト過去問分析問題

教科書の落語(桃太郎)の「むかし、むかしって何年ぐらい前?~大人なんて罪のないもんだ。」の部分を読んで次の問いに答えなさい。

問一 落語について説明した文の➊➋の(  )に当てはまる最も適切な言葉を書きなさい。
(説明文)落語は、( ➊ )耳朶に成立した話芸であり、落語家によってさまざまな噺(はなし)が語られる・落語が上演される場所を( ➋ )という。

問二 「なんだよ。うるさいなあ」とありますが、このときのお父つぁんの気持ちを表す言葉を本文中から探し、七字で書き抜きなさい。

問三 「むかしむかしあるところに」とありますが、このように言う理由を、子供はどのように言っていますか。最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア どこに住んでいる子供にも話を想像しやすくするため。
 イ 桃太郎がいつどこで活躍したか誰も知らないから。
 ウ 小さい子供にも難しくないようにするため。
 エ その言葉が昔話の決まり文句だから。

問四 「犬、猿、きじ」はそれぞれ何を表しているのか。それぞれ漢字二字で書き抜きなさい。

落語(桃太郎)の定期テスト過去問分析問題の解答

問一 ➊江戸 ➋寄席

問二 黙って聞きなよ。

問三 ア

問四 
犬…仁義
猿…知恵
きじ…勇気

コメント

テキストのコピーはできません。