中学歴史「日本の貿易史(輸出入品目の変遷)のポイントまとめ」

中学歴史「日本の貿易史(輸出入品目の変遷)のポイントまとめ」です。

スポンサーリンク

日本の貿易史

よく入試でも出題されます。それぞれ単体で出されることより、貿易史やその他の歴史の流れ(年表)とともに出題されることが多いです。

平安時代(日宋貿易)

貿易名日宋貿易
貿易相手国
主要な港大輪田泊(神戸)
時代背景平清盛(太政大臣)による貿易
輸入品宋銭(銅銭)、陶器、書籍
輸出品硫黄、(砂)金、銅

室町時代(日明貿易)

貿易名日明貿易(勘合貿易)
貿易相手国
主要な港
時代背景倭寇と区別するため勘合を用いた貿易
輸入品銅銭、生糸
輸出品銅、硫黄、刀剣

戦国時代(南蛮貿易)

貿易名南蛮貿易
貿易相手国ポルトガル、スペイン
主要な港鹿児島、平戸、府内
時代背景ポルトガル、スペインの南蛮人と行った貿易
輸入品鉄砲、火薬、生糸、毛織物
輸出品銀、刀剣、海産物

江戸時代(朱印船貿易)

貿易名朱印船貿易
貿易相手国東南アジア(東南アジアに各地に日本町が形成)
主要な港
時代背景徳川家康が朱印状を与え、貿易を奨励。
輸入品香料、生糸、絹織物
輸出品銀、銅

鎖国下の貿易

貿易名長崎貿易
貿易相手国オランダと中国(清)
主要な港出島(オランダとの貿易)
時代背景日本人の海外往来の禁止。幕府が貿易と海外の情報を独占。
輸入品生糸、絹織物
輸出品金、銀、銅、海産物

明治時代(産業革命期)の貿易

貿易名
貿易相手国アメリカ、中国、朝鮮など
主要な港
時代背景軽工業から始まり1900年初頭に重工業が発達
輸入品綿花、石炭、鉄鉱石
輸出品生糸、絹織物

昭和時代(高度経済成長期)の貿易

貿易名
貿易相手国アメリカ、中国、ヨーロッパなど
主要な港
時代背景1950年代後半から世界に類を見ない経済発展
輸入品石油、石炭、鉄鉱石、木材
輸出品自動車、船舶、機械、魚介類、繊維類

コメント

テキストのコピーはできません。