中2国語「豚の定期テスト過去問分析問題」

中2国語「豚の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

豚の定期テスト過去問分析問題

教科書の「豚」の詩を読んで、次の問いに答えなさい。

問一 この詩の形式を最も適切なものを次から一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 口語自由詩
 イ 口語定期詩
 ウ 文語自由詩
 エ 文語定型詩

問二 この詩では、第二、四、六連に同じ言葉何度も出てきます。このような表現技法を何というか、答えなさい。

問三 「泥に背中をこすりつけるのが目を細めるとき でした」とあるが、これからどんなことがわかるか、最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 豚が不衛生な環境で生きていたこと。
 イ 豚が生き生きとした感情をもっていたこと。
 ウ 豚が子どもをもつ母親であったこと。
 エ 豚がペットとして大切にされていたこと。

問四 「泥に背中をこすりつけるのが目を細めるとき でした」「子だくさん でした」と「~です」でなく「~でした」と過去形で書かれているのは、なぜか。簡潔に説明しなさい。

問五 この詩の構成の説明として、最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 初めは食肉を思わせる語句を並べ、最後に本来の豚の姿を描くことで、両者を対比している。
 イ 奇数連では、意図的にカタカナを多く使用することで、偶数連との雰囲気の違いを際立てている。
 ウ 前半では単語を並べただけだが、後半はだんだんと文が長くなり豚の様子を詳細に描き出している。
 エ 何度も「豚」という単語をはさむことで、リズム感を生み、ユーモラスな雰囲気を感じさせる。

問六 この詩の内容の説明として、最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア さまざまな食材、料理となり、家畜としても愛らしい豚のすばらしさを表現している。
 イ 「豚」が、食品以外の用途でも、さまざまな形で私達の生活に役立っていることを伝えている。
 ウ 普段、食肉として接することが多い「豚」が、かけがえのない命であることを強く感じさせる。
 エ 生き物である「豚」を食べる人間の身勝手さを強調し、肉食を止めるように訴えている。

豚の定期テスト過去問分析問題の解答

問一 ア

問二 繰り返し(反復法)

問三 イ

問四 (例)豚は、すでに生きておらず、食肉になっているから。

問五 ア

問六 ウ

コメント

テキストのコピーはできません。