中3国語「誰かの代わりにの定期テスト過去問分析問題」

中3国語「誰かの代わりにの定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

誰かの代わりにの定期テスト過去問分析問題

教科書の「誰かの代わりに」の「自分しかないものは何だろう~そんな依存症に陥ってしまうことがあるからです。」の部分を読んで次の問いに答えなさい。

問一 「誰もが「自分とは何か」を問わずにいられない時代」になったのは、それはなぜですか、文章中の言葉を使って、三十五字程度で書きなさい。ただし、句読点を含む。

問二 「何にでもなれる可能性のある社会」とあるが、この社会で大変なのはどんなことであるか。次のア~エより最も適当なものを一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 社会が自由であるがために、結果を求め続けなければならないこと。
 イ 実際に何になれるかという自分の存在価値を常に考えなければならないこと。
 ウ 何にでもなれるという時代が制限されないか、監視しなければならないこと。
 エ 社会の居心地がよいため、何かになるという努力を忘れがちになること。

問三 「苦しい思い」とあるが、なぜ苦しいのか。次のア~エより最も適当なものを一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 常に認めてほしいという無条件の思いを痛いほど願うから。
 イ 自分に能力や才能がないことを、周囲から強く責められるから。
 ウ 自分よりずっと才能がある人と競争しなければならないから。
 エ 自分は本当に代わりのきかない存在なのか、不安になるから。

問四 「「できる・できない」の条件を一切付けないで自分の存在を認めてくれる」とあるが、これを一言で言い換えた言葉を文章中から六文字で書き抜きなさい。

問五 「自分の存在の意味や理由を~そんな受け身の存在になってしまう」とあるが、このことについて、筆者はどう思っているか。文章中から六文字で書き抜きなさい。

誰かの代わりにの定期テスト過去問分析問題の解答

問一 これまでの時代に比べ、個人により大きな自由が保障される社会だから。

問二 イ

問三 エ

問四 無条件の高低

問五 ちょっと危うい

コメント

テキストのコピーはできません。