中1国語「いろは歌の定期テスト過去問分析問題」

中1国語「いろは歌の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

いろは歌の定期テスト過去問分析問題

次の歌を詠んで、次の問いに答えなさい。

<原文>
1.色は匂へど 
2.散りぬるを
3.我が世誰ぞ 
4.常ならむ
5.有為の奥山 
6.今日越えて
7.浅き夢見じ 
8.(   )

<現代語訳>
花は色鮮やかに咲き誇っているけれど
(花は)やがて必ず散ってしまうはかないものである。
私たちこの世の誰が
永久に変わらないことがあろうか
この人生の険しい日々を越えて、
今日も越えて(いくのだが)
はかない夢など見ることはしない
心をまどわされもしない

問一 1、2行目は「美しい花も必ず散ってしまう」といった意味ですが、この「花」の例からどんなことを言いたいのですか。次から一つ選び、記号で答えなさい。
 ア この世の中では、美しいものほどその変化が激しいのだ。
 イ この世に一定のものはなく、全て変わっていくのだ。
 ウ この世で変わるのは表面だけで、本質は変化しないのだ。
 エ この世の全ては、永久に変わらずに続いていくのだ。

問二 3、4行目のような「永遠に変わらないものなどない」という考え方を無常観といいますが、その無常観が表れている四字熟語を一つ答えなさい。

問三(   )に入る言葉を、歴史的仮名遣い(漢字を使わない)で五字で答えなさい。

いろは歌の定期テスト過去問分析問題の解答

問一 イ
問二 盛者必衰
問三 ゑひもせず

コメント

テキストのコピーはできません。