中1国語「活字と手書き文字・画数・筆順の定期テスト過去問分析問題」

中1国語「活字と手書き文字・画数・筆順の定期テスト過去問分析問題」です。

特によく出て、間違えやすい漢字の画数・筆順を問題にしているので、間違ったところは、確実に覚えましょう。
スポンサーリンク

活字と手書き文字・画数・筆順の定期テスト過去問分析問題

問一 次の説明は、その活字の字体のことをいっています。<語群>より選び、記号で答えなさい。
(1)一般の印刷物で最もよく見られる活字
(2)見出しなどによく使われる活字
(3)書き文字の筆遣いや形を参考にして作られた活字

<語群>
ア:教科書体 イ:明朝体 ウ:ゴシック体

問二 次の漢字の画数と同じ画数の漢字を後から選び、記号で答えなさい。
➊批 ➋区 ➌葉 ➍字 ➎民

ア極 イ背 ウ収 エ表 オ幼 カ吸 キ推 ク臣 ケ展 コ闇

問三 次の漢字の矢印の部分は何画目に書きますか。漢数字書きなさい。
書き順サムネイル

問四 「腰」という感じを部首牽引を使って調べるときの方法について、次の(  )に当てはまる言葉や漢数字を書きなさい。ただし、( B )は部首名を平仮名で書くこと。

➊( A )順に並んだ部首索引から、「腰」の部分である( B )のページを見つけて開く。
➋「腰」の部首のぺージを開いたら、部首以外の( C )を教えて、( D )画の名から「腰」を探す。

活字と手書き文字・画数・筆順の定期テスト過去問分析問題の解答

問一 
(1)イ
(2)ウ
(3)ア

問二
➊ク
➋ウ
➌ア
➍カ
➎オ

問三
➊四
➋六
➌四
➍一
➎一

問四
A画数
Bにくづき
C画数
D九

コメント

テキストのコピーはできません。