中1国語「随筆二編の定期テスト過去問分析問題」

中1国語「随筆二編の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

随筆二編の定期テスト過去問分析問題

教科書の随筆二編の「えんぽう」の「忘れない言葉群をたどってみると~いつか必ず行きたいと思っていた。」の部分を読んで次の問いに答えなさい。

問一 「えんぽう」について、「私」はなぜ、これを平仮名で書いているのですか。自分で考えて、簡潔に書きなさい。

問二 「電車のつり革のように」とありますが、このたとえから「私」のどのような気持ちが読み取れますか。最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい
 ア 自分を守ってくれるものとして、絶対的な信頼を寄せている。
 イ 日ごろの行いから、必ず神は救ってくれると信じている。
 ウ 父の手に人の温かみが感じられないことに、とまどっている。
 エ 今は記憶が薄れてはっきり思い出せないことを、悲しんでいる。

問三 「私は息がせわしなくなって」とありますが、「私」がこのような状態になったのはなぜですか。「私」の気持ちを想像して、説明しなさい。

問四 「歌うように「エンポーエンポー」と繰り返す」とありますが、このときの父の気持ちとして最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 「私」を連れて行けないことを、申し訳なく思っている。
 イ いつも同じ質問を繰り返す「私」にうんざりしている。
 ウ 「私」には悪いが、これから楽しみだと思っている。
 エ いつも通りだから心配いらないと「私」をあやしている。

随筆二編の定期テスト過去問分析問題の解答

問一 (例)まだ幼い筆者には、この言葉の意味がよくわからなかったから。

問二 ア

問三 (例)父が遠くへ行ってしまうと知り、不安とさびしさを感じたから。

問四 エ

コメント

テキストのコピーはできません。