中1国語「それだけでいいの定期テスト過去問分析問題」

中1国語「それだけでいいの定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

それだけでいいの定期テスト過去問分析問題

教科書の「それだけでいい」を読んで、次の問いに答えなさい。

問一 この詩の種類を、用語・形式の上からどのように分類されるか。漢字五文字で書きなさい。

問二 第一連「冬は純白の 夏はみどりの頂が」という表現にはどのような効果があるか。それを説明した文の➊➋➌の(  )に当てはまる言葉を詩の中から書き抜きなさい。ただし、➊➋は一文字、➌は三文字とする。

(説明文)真逆の季節を表す( ➊ )と( ➋ )を使うことで、( ➌ )ということが強調されている。

問三 第二連「白い船を泳がせ かもめの群れを遊ばせ」で用いられている表現技法を次のア~オより全て選び、記号で答えなさい。
 ア 倒置
 イ 対句
 ウ 直喩
 エ 体言止め
 オ 擬人法

問四 この詩に込められた咲く作者の思いとして最も適切なものを次のア~エより一つ選んで記号で答えなさい。
 ア 希望を捨てずに信じつづければ、いつか必ず願いがかなう日がやってくる。
 イ みんなが心の中に明るい希望をもてるような世の中になることを願っている。
 ウ つらいときには希望をもてなくなるが、そんなときこそ自分を信じて努力をするべきだ。
 エ 人生のどんなときでも、希望が確かに存在すると信じて生きることが大切である。

それだけでいいの定期テスト過去問分析問題の解答

問一 口語自由詩

問二 ➊冬 ➋夏 ➌いつも ※➊➋は順不同

問三 イ・オ

問四 エ

コメント

テキストのコピーはできません。