中2国語「クマゼミ増加の原因を探るの定期テスト過去問分析問題」

中2国語「クマゼミ増加の原因を探るの定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

クマゼミ増加の原因を探るの定期テスト過去問分析問題

教科書の「クマゼミ増加の原因を探る」の「図1に、ニ〇〇八年に大阪府内~生存が左右されるおそれがあるのだ。」の部分を読んで次の問いに答えなさい。

問一 「大阪府内で行った抜け殻調査」とありますが、その結果、➊クマゼミ、➋アブラゼミの多くいる場所を、文書中の言葉使って、書きなさい。

問二 「大阪市内では、なぜクマゼミの占める割合が、これほど高くなったのだろうか。」とあるが、筆者は原因として何の原因の影響があると考えているか文章中から十七字で書き抜きなさい。

問三 「幼虫はすぐに土に潜る。」とあるが、すぐに土中に潜らないとどうなるのか、文章中の言葉を使って書きなさい。

問四 クマゼミは、もともとどの地域に多く生息していたのか、文書中から九字で抜き出しなさい。

問五 クマゼミが、地中にいるため、気温や湿度の影響を受けにくいのは、文章中に挙げられている4つの段階のどれか番号で答えよ。

クマゼミ増加の原因を探るの定期テスト過去問分析問題の解答

問一 ➊大阪市内の公園や大学 ➋市街の緑地や森林

問二 ヒートアイランド現象による環境変化

問三 (例)アリに襲われたり乾燥したりして死んでしまう。

問四 西日本の温暖な地域

問五 ③

コメント

テキストのコピーはできません。