中学国語の「漢字の成り立ち(象形・会意・指事・形成文字)」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

「漢字の成り立ち(象形・会意・指事・形成文字)」のまとめです。今回は、「象形文字」・「会意文字・「指事文字」・「形成文字」の学習です。漢字の成り立ちについては、辞書によって分類が異なる場合がありますが、入試では、そのような紛らわしい漢字ではでないので、問題集について問題の演習をしっかりやりこなせばいいでしょう。

漢字の成り立ち

スポンサーリンク

象形文字

見た目のものや形や略画から作られた文字。

<例>

そのほかとして、手、父、心、爪、犬、木、牛、火、水などがあります。

会意文字

2つ以上の漢字を組み合わせて別の意味を表す文字

<例>

  • 明は、「日」と「月」の組み合わせ。

件、安、列、各、印、争、因、后、旨、尽などがそれにあたります。

指事文字

形に押せない位置や数などを記号で表した文字。

<例>

その他として、共、至、朱、亦、亙、尖などがあります。

形声文字

意味を表す部分と音を表す部分を組み合わせた文字

<例>

  • 銅…金と同の組み合わせ

草、芋、百、寺、存、扱、汗、旬、江、肌などがあります。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク