中2国語「夏の葬列の定期テスト過去問分析問題」

中2国語「夏の葬列の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

夏の葬列の定期テスト過去問分析問題

教科書の「夏の葬列」の「正面の丘の陰から~空中に浮かぶのを見た。」の部分を読んで、次の問いに答えなさい。

問一 「大きな石」とは、実際には何だったか。簡潔に書きなさい。

問二 「奇妙に間のびしたその声」とあるが、そのように聞こえたのは、「彼」がどのような心理状態にあるからか。最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 音への無関心。
 イ 極度の緊迫感。
 ウ 心からの絶望感。
 エ 状況への慣れ。

問三 「手で必死に芋の葉を引っ張り続けていた」とあるが、この行動に現れていることとして、最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア いつまでも動くことのできない自分へのもどかしさ。
 イ 芋の葉で体を隠すことで助かろうとする冷静さ。
 ウ 早く立ち上がって逃げなければならないというあせり。
 エ 絶望的な状況でもなんとか生き延びようとする本能。
 
問四 「大きく白い物」とは、何を表していますか。簡潔に答えなさい。

問五 「目をつり上げ、別人のような真っ青なヒロ子さんが、熱い呼吸で言った。」とありますが、このときのヒロ子さんの心情として、最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 偶然にも白い服を着てきたことに対する後悔。
 イ 子どもをも標的にする艦載機への激しい怒り。
 ウ いつまでも立ち上がらない「彼」への腹立たしさ。
 エ 早く「彼」を助け出して逃げようとするあせり。

問六 「彼は全身の力でヒロ子さんを突き飛ばした」とあるが、それはどんな思いからですか。簡潔に書きなさい。

夏の葬列の定期テスト過去問分析問題の解答

問一 艦載機

問二 イ

問三 エ

問四 ヒロ子さん

問五 エ

問六 (例)自分は死にたくないという思いから。

コメント

テキストのコピーはできません。