中1国語「四季の詩の定期テスト過去問分析問題」

中1国語「四季の詩の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

四季の詩の定期テスト過去問分析問題

教科書の「四季の詩」(春の詩「春」、夏の詩「耳」、秋の詩「虫」」、冬の詩「雪」)を読んで、次の問いに答えなさい。

問一 春の詩の「てふてふ」を現代仮名遣いに直しなさい。

問二 秋の詩の形式を漢字五字で書きなさい。

問三 夏の詩「耳」、秋の詩「虫」、冬の詩「雪」の三つの詩の春、秋、冬という季節は、それぞれどの言葉からわかるか。それぞれの詩から最も象徴的な言葉を一つずつ書き抜きなさい。

問四 「私の耳は貝のから」で用いられている表現技法を次のア~カより二つ選び、記号で答えなさい。
 ア 直喩
 イ 隠喩
 ウ 対句法
 エ 倒置法
 オ 体言止め

問五 「虫がないてる」とあるが、どんなふうにないているか。詩の中から書き抜きなさい。

問六 「涙をさそわれる」とあるが、なぜか。最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 人間に比べて命の短い虫の存在が無価値に思われたから。
 イ 限られた命を懸命に生きている無知の姿に悲しみを感じた から。
 ウ 虫の泣き声で、もう駄目だと思ったつらい昔を思い出したから。
 エ 虫のように懸命に生きてこなかった自分の過去を後悔したから。

問七 冬の詩「雪」の詩に、表現技法を次のア~カより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 直喩
 イ 隠喩
 ウ 対句法
 エ 倒置法
 オ 体言止め

問八 冬の詩「雪」の詩の鑑賞文として適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 冬の夜に子どもの寝顔を見ている親の幸せな姿を描いた詩で、同じ言葉を繰り返すことで、子を見守る親の愛情を強調している。
 イ どんどん降り積もる雪を楽しむ作者の心情を描いた詩で、リズムのある言葉によって、軽やかな印象を生み出している。
 ウ 静かな夜に雪がしんしんと降り積もる様子を描いた詩で、言葉の繰り返しから時間的・空間的な広がりが感じられる。
 エ 雪国に暮らす「太郎」と「次郎」が遊び疲れて眠ってしまう姿を描いた詩で、二人が静かに眠る様子が表されている。

四季の詩の定期テスト過去問分析問題の解答

問一 ちょうちょう

問二 口語自由詩

問三 (夏)海 (秋)虫 (冬)雪

問四 イ・オ

問五 いま ないておかなければもう駄目だ(というふうにないてる)

問六 イ

問七 ウ

問八 ウ

コメント

テキストのコピーはできません。