中学理科「持続可能な社会」

シェアする

スポンサーリンク

中学理科の「持続可能な社会」についてまとめています。地球環境を継続して守ること。サスティナビリティな社会が必要です。そのあたりについて詳しく記述しています。それでは、中学理科の「持続可能な社会」のまとめです。

持続可能な社会

温暖化などの気候変動や大気汚染水問題、資源問題、生態系の破壊など、地球環境の悪化が進み、人間だけでなく地球上にすむ生物全体の生存が危うくなる問題が生じている。地球環境を悪化させている原因を取り除いて安定させ、生態系を守り、枯渇の心配のないクリーンなエネ ルギー源を確保することが重要である。

スポンサーリンク

地球温暖化

現在、最も大きな問題となっているのは、化石燃料の大量消費による地球温暖化の問題である。石油などの化石燃料を燃焼させると、大気中に二酸化炭素が放出され、その大気中濃度が高まる。二酸化炭素は温室効果ガスの1つであり、その大気中濃度の上昇による温室効果のために、地球の平均気温が上がることになる。地球温暖化は、海水面の上昇やこれまで熱帯にのみ生息していた生物の北上を促し各地の生態系を破壊するおそれが出てきている。

問題解決への対策

このような環境問題を解決し,これからも安定して生活 できる社会を維持すること、つまり持続可能な社会を実現 するためには,「エネルギーと資源が自給自足される社会」を目指すことが重要な点となる。現在のペースで化石燃料などのエネルギー資源を消費していくと、まもなく石油は枯渇し、石炭や天然ガスもやがてなくなってしまう。できるだけ自然の力を利用した、クリーンで再生可能なエネルギー 電源を利用することが大切である。再生可能エネルギーを 使用することは、環境に有害な物質をなるべく出さないことにも役立つ。

研究

持続可能な社会には、地球にやさしい新しい技術(電気 自動車など)や新素材(ペルティエ素子や有機ELなど)の研究・開発も重要である。環境に有害な物質を出さずし少ないエネルギーで動作するものをつくり出すことで、持続可能な社会の実現に近づくことができる。

エネルギー資源の活用

  • 化石燃料(石油・石炭・天然ガス)…使用に伴い二酸化炭素の温暖効果ガスを排出。地球温暖化の原因となる。
  • 新エネルギー…太陽光や風力などの再生可能なエネルギー、バイオエタノールなど。

新素材

天然になり優れた性質を持つ材料

  • 形状記憶合金:ある温度にあんると元の形に戻る合金。
  • ファインセラミックス:熱や摩擦に強く、エンジンの部品や人工の骨に使われている。
  • 炭素繊維:炭素からできている繊維で、軽く、弾性が強いのでスポーツ用品などに使われている。
  • 吸水性ポリマー:多くの水を吸収するので紙おむつなどに使われている。
  • 導電性高分子:電流が流れるプラスチック。薄型の電池や液晶ディスプレーに使われる。
  • 発光ダイオード(LED):小さい電気でも光るため、省エネルギーで長持ちする。信号機や照明に使われている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る