中1国語「桜蝶の定期テスト過去問分析問題」

中1国語「桜蝶の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

桜蝶の定期テスト過去問分析問題

教科書の「桜蝶」を読んで、次の問いに答えなさい。

問一 「桜蝶」とは、どのような姿の蝶ですか。「~の蝶」に続くように、文章中から十七字で書き抜きなさい。

問二 「僕が親の転勤でこの町にやってきた」とありますが、「僕」とは誰のことですか、三字で書き抜きなさい。

問三 「僕は蝶を発見したその日から、公園へと毎日通った」とありますが、僕が公園に通ったのは、何をするためですか。三十五字程度で書きなさい。

問四 「ピンクの靄(もや)」を見ているときと、「緑の靄(もや)」を見ているときで、「僕」の心情は、どのように変化していますか。それを説明した文の➊➋の(  )に適語を入れなさい。ただし、➊は三文字、➋は二文字とする。

(説明文)ピンクの靄を見ているときは( ➊ )を感じていたが、緑の靄を見ているときは新たな始まりを予感して( ➋ )を感じている。

桜蝶の定期テスト過去問分析問題の解答

問一 花びらのような羽を持った淡いピンク(の蝶)

問二 倉橋君

問三 (例)公園の桜蝶を見ることで、自分の境遇を桜蝶に重ねて、孤独を分け合うため。

問四 ➊寂しさ ➋希望

コメント

テキストのコピーはできません。