中2国語「セミロングホームルームの定期テスト過去問分析問題」

中2国語「セミロングホームルームの定期テスト過去問分析問題」です。

  • 登場人物(竹内<私>、瀬尾くん、トリノ、黒岩先生)の立場や性格に注目しましょう。
  • 心情に着目。呆れたり、困惑したり、残念がったりと言葉や態度・しぐさから読み取ろう。
スポンサーリンク

セミロングホームルームの定期テスト過去問分析問題

教科書の「セミロングホームルーム」を読んで次の問いに答えなさい。

問一 次の(1)(2)は、漢字は、読みを書き、(3)~(5)は、カタカナは漢字にしなさい。
(1)連鎖
(2)鎖
(3)ゼツミョウな声かけ
(4)シンケンな表情
(5)諸刃のツルギ

問二 「ゆっくりと首を左右に振る」とありますが、このときのトリノはどのような気持ちか、文章中の言葉を用いて書きなさい。

問三 「黒岩先生はぷりぷりしながら」とあるが、黒岩先生はなぜ「ぷりぷり」しているのか、書きなさい。

問四 次の文は、「私」から見た瀬尾くんの人物像をまとめたものです。➊~➋に入る語句を文章中から抜き出しなさい。ただし➊は、9文字で➋は2文字とする。

( ➊ )な、( ➋ )な人物

問五 「セミロングホームルーム」には、2つの意味が込められています。どのような意味か2つ書きなさい。

問六 「三人とも困り果てている」とありますが、三人とはだれか文章中から書き抜きなさい。

セミロングホームルームの定期テスト過去問分析問題の解答

問一
(1)れんさ
(2)くさり
(3)絶妙
(4)真剣
(5)剣

問二 「私」がぼんやりとしていると先生に注意されたので呆れている。

問三 何度注意しても、私(竹内)が自分の話(黒岩先生の話)を聞いていないようだったから。

問四 いつも控えめで無口 / 繊細

問五 ロングでなく、ややロングなホームルーム / セミの対処を考えるロングホームルーム

問六 私(竹内)、黒岩先生、トリノ

コメント

テキストのコピーはできません。