中2国語「自分で考える時間をもとうの定期テスト過去問分析問題」

中2国語「自分で考える時間をもとうの定期テスト過去問分析問題」

スポンサーリンク

自分で考える時間をもとうの定期テスト過去問分析問題

教科書の「自分で考える時間をもとう」の「私たちが日常的に接している新聞や~冷静に考える助けになります。」の部分を読んで次の問いに答えなさい。

問一 夜のニュースは、誰に向けた話題が多くなると述べているか、文書中から八字で抜き出しなさい。

問二 「これらの違い」とありますが、何によるニュースの違いですか。2つ挙げなさい。

問三 「違いが出るのは同然」とありますが、あってはならないことは何と筆者はのべているか、2つ答えなさい。

問四 「フィイクニュース」とは、どのようなニュースですか、文章中から十一字で抜き出しなさい。

問五 筆者は、正しい情報を得るためにどのようにすることが大切だと述べていますか。次のア~エより一つ選び答えなさい。
 ア 信用できる放送局の情報に限定して取り入れ、大量の情報に押し流されないこと。
 イ 情報をうのみせず、その情報について勉強して、自分の意見をまとめて、自分と同じ意見の情報を得ること。
 ウ 現実に自分の目で見て確認した情報以外はうそでないかと疑い、よく調べてみること。
 エ 情報をうのみせず、複数のメディアに当たって情報を整理し冷静に考えること

自分で考える時間をもとうの定期テスト過去問分析問題の解答

問一 仕事帰りの人たち

問二 放送局 / 地域

問三 ミスから誤った情報が入り込むこと / どちらかの立場に肩入れした情報を伝えること

問四 事実無根のにせのニュース

問五 エ

コメント

テキストのコピーはできません。