中1国語「意味と意図(コミュニケーションを考える)の定期テスト過去問分析問題」

中1国語「意味と意図(コミュニケーションを考える)の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

意味と意図(コミュニケーションを考える)の定期テスト過去問分析問題

教科書の「意味と意図(コミュニケーションを考える)」の「しかし、「意図の推測」がいつもうまくいくとは~実に危ういものであるのです。」の部分を読んで次の問いに答えなさい。

問一 「意図の推測」とありますが、意図の推測がうまくいくのは、どのような場合か。文章中から三十一字で書き抜きなさい。ただし、句読点も含む。

問二 「SNSやメール」について、これは言葉によるコミュニケーションのうち、どのようなコミュニケーションの例か、文章中から書き抜きなさい。

問三 「会話の流れ」とありますが、これと同じことを別の表現で表した言葉を文章中から十二字で書き抜きなさい。

問四 「意図が間違って伝わる危険性が高くなってしまう」とありますが、意図が間違って伝わる危険性が高くなってしまう例として、最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア テレビで書道パフォーマンスで披露していた人に感動して、初めてメールを送る。
 イ 遠方の学校に通っている人と、インターネットを使ってパソコンでビデオ通話を行う。
 ウ 仲の良い友人がSNSにアップしていた内容について、学校で会ったときに話す。
 エ 一人暮らしをしている兄に、次にいつ帰って来る予定なのかをメールで尋ねる。

問五 この文章の内容として、最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 意図が間違って伝わったときは、すぐに訂正するべきである。
 イ 意図が相手にうまく伝えるためには、話す訓練が必要である。
 ウ 意図の違いや伝達に失敗するのは、語彙力が足りないためである。
 エ 相手の発言の意図を理解するには、言葉以外の部分を関係してくる。

意味と意図(コミュニケーションを考える)の定期テスト過去問分析問題の解答

問一 発言者のことをよく知っており、なおかつ会話の流れが明らかな場合

問二 文字(のみ)によるコミュニケーション

問三 その発言に至るまでの経緯

問四 ア

問五 エ

コメント

テキストのコピーはできません。