高校入試対策・面接「高校卒業後の進路についての答え方」

シェアする

スポンサーリンク

高校入試対策・面接「高校卒業後の進路についての答え方」について記述しています。高校を卒業してから何をしたいかについては、多くの場合において質問されるので、自分の将来の進路についてきちんと考えておく必要があります。そのあたりに詳しく記述しています。それでは、高校入試対策・面接「高校卒業後の進路についての答え方」です。

高校卒業後について

高校卒業したらの質問に対して。「家族や友人との関係をよくしていきたい」「自分らしく生きたい」などといった、抽象的で感覚的な内容の回答はあまり好ましくありません。できるだけ具体的な将来の進路を、できれば社会とのかかわりまで意識した形で答えるようにします。また、その進路を実現するために高校でどんなことをしたいかについて述べてみてもいいでしょう。

スポンサーリンク

具体的な目標や職業がない場合

「まだ具体的な職業までは決めていないのですが、できれば子どもたちを健やかに育てることにかかわれるような仕事につきたいと思っています。」などのように、大きな枠組みで答えるといいでしょう。

目標がある場合

「将来は国際的に活躍できるような職業につけたらよいなと考えています。そのためにはどうしても英語が必要になりますから、高校だけでなく、大学にも進学して 英語を勉強したいと思っています。」などのように、

まとめ

あなたが自分の将来について、きちんとした目標を持っているかどうかを見る質問です。ですから答えとしては、将来つきたい職業や、大学・短期大学・専門学校への進学希望などについて、ある程度具体的に説明できるようにしておきたいものです。まだ具体的に決めていない場合は、大きな枠組みで、「こどもと関わる仕事」「人々の命を守る仕事」など、少なくとも将来に描いている進路の希望について、それに対するキミの意欲をアピールすることが大切です。「決めていません」「わかりません」などという回答はよくありません。

あわせて確認

以上が、高校入試対策・面接「高校卒業後の進路についての答え方」となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク