中3理科の「生物界のつながり(食物連鎖)」まとめ・練習問題

スポンサーリンク

中3理科の「生物界のつながり(食物連鎖)」まとめ・練習問題です。生物界のつながりの中心は、いろいろ生態系での食物連鎖です。食物連鎖に見られる規則性を十分復習することが大事です。土の中での微生物のはたらきや自然界での炭素や窒素の循環をしっかり理解もしましょう。それでは、中3理科の「生物界のつながり(食物連鎖)」まとめ・練習問題です。

食物連鎖

食物連鎖の出発点は必ず生産である植物です。

  • 生産者…無機物から有機物を作り出す。光合成を行う植物。
  • 消費者…生産者が作り出した有機物を消費。動物。
  • 分解者…有機物を無機物に分解。土の中の小動物・細菌類・菌類。
  • 食物連鎖…生物どうしの食べる・食べられるの関係によるつながり
  • 食物連鎖の量的関係…生体量ピラミッドで表す。下位にある生産者の量が最も多い。上位の消費者になるほど、その量が減る。
スポンサーリンク

生物のつり合い

つり合いが保たれるのは食物連鎖のため。

  • 生物のつり合い…一定地域内の生物の種類や数あまり変化しない。食物連鎖によってつり合いが保たれている。
  • つり合いの破壊…一度破壊されるとすぐには戻らない。破壊の原因は、自然現象、帰化生物の繁殖、人間による破壊。

生物量の変化

生態系では食物連鎖により、植物、草食動物、肉食動物の生物量の割合は、ほぼ一定に保たれています。食物連鎖は、バランスがくずれるとすぐにはもとに戻りません。草食動物が何らかの原因で、一時的に増えても、やがてもとのつりあった状態に戻ります。

<例>
a(3次消費者)、b(2次消費者)、c(1次消費者)

食物連鎖で何らかの原因でbが突然増えると次のように状態が変化する。

  1. bが増えたため、食物となるcが多量に食べられて減る。
  2. bが増えたため、bを食物とするaが増える。
  3. bは食べられるが増え、食物となるcが減るので、bも減る。
  4. bが少なくなるでaは減り、cは増える。

このように長い年月をかけて元の状態に戻る。

微生物のはたらき

土中の微生物は有機物を無機物にまで分解。

  • 落ち葉の変化…落ち葉は、土の中の小動物や微生物の働きによって、黒い土になる。
  • 土の中の小動物のはたらき…落ち葉や動物の糞、死骸などを食べて分解している。
  • 土の中の微生物のはたらき…土の中の菌類や細菌類は、動物の死骸や糞などの有機物を無機物に分解している。

実験に使う“土を焼く”理由は、土の中の分解者を殺すため。

生産者

無機物から有機物を作り出す。光合成を行う植物

生産者のはたらき

水や二酸化炭素などの無機物から、光合成のはたらきによって、デンプンなどの有機物をつくる。無機物から有機物をつくる。

落ち葉を食べる小動物

ミミズ、トビムシ、ダンゴムシ、ヤスデ、ダニ(草食性)※落ち葉を食べる小動物(微生物)は、分解者となった。

分解者

カビやキノコのなかまの菌類や細菌類のこと。分解者は自分で栄養をつくることができず、他の生物(物質)から養分をうばう。※落ち葉を食べる小動物も分解者となった。

分解者のはたらき

デンプンなどの有機物を、呼吸のはたらきによって無機物に分解する。有機物を無機物に分解する。

炭素や窒素の循環

炭素の循環…おもに二酸化炭素の形で移動する。

<例>

  • 光合成による移動→空気中から植物体内へ。
  • 呼吸による移動→生物体内から空気中へ。

窒素の循環…捕食と死と分解者である微生物の生産者への養分(窒素化合物)の供給によって循環。

練習問題

  1. 食べる・食べられるという、食物による生物間のつながりを何というか。
  2. 生物が増えるのは、敵が増えたときか、減ったときか。
  3. 生物が得るのは、えさが増えたときか、減ったときか。
  4. 生物の数量関係が自然界で保たれているとき、何らかの原因で草食動物が一時的に増えることがあっても、限りなく増えることはない。その理由を簡潔に書け。

解答

  1. 食物連鎖
  2. 減ったとき
  3. 減ったとき
  4. 草食動物のえさとなる植物が不足するから。(または、肉食動物が増えて、えさとして食べられる量が増えるから。)

あわせて確認