中3国語「高瀬舟の定期テスト過去問分析問題」

中3国語「高瀬舟の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

高瀬舟の定期テスト過去問分析問題

教科書の「高瀬舟」の「喜助の話はよく条理が立っている。~高瀬舟は、黒い水の面を滑っていった。」の部分を読んで次の問いに答えなさい。

問一 「条理が立つ」の意味を次のア~エより、選びなさい。
 ア 説明が詳細
 イ 道理にかなう
 ウ 興味深い
 エ 理屈っぽい

問二 「よく条理が立っている」とあるが、「条理が立つ」理由が書かれている一文を探し、はじめの五字を書きなさい。

問三 「疑いを解くことができなかった」と同じような言葉を十三字で探し、はじめの五字を答えなさい。

問四 「剃刀を抜いてくれた~」の他に、弟が言った言葉を文中から抜き出しなさい。

問五 「自分よりも上のもの」を別の言葉で言い換えている部分を文中からに二つ抜き出しなさい。

問六 「庄兵衛はお奉行様の判断を、そのまま自分の判断にしようと思った」とは、どう考えることにしたということか。一つ選びなさい。
 ア 誰も悪くなかった。
 イ 喜助は有罪である。
 ウ 喜助に罪はなかった。
 エ 悪いのは弟である。

問七 「なんだかお奉行様にきいてみたくてならなかった。」とあるが、どんなことをきくのか。二十五字以内で答えなさい。

高瀬舟の定期テスト過去問分析問題の解答

問一 イ
問二 これは半年
問三 腑に落ちぬ
問四 早く死にたい
問五 オオトリテエ お奉行様
問六 イ
問七 喜助は弟のためにしたことだが、それでも罪人か

コメント

テキストのコピーはできません。