中2国語「ガイアの知性の定期テスト過去問分析問題」

中2国語「ガイアの知性の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

ガイアの知性の定期テスト過去問分析問題

教科書のガイアの知性の「これらの点からみれば~「心」があるからこそできることなのだ。」の部分を読んで、次の問いに答えなさい。

問一 「この「常識」に対する疑問」について、この「常識」とはどのような常識ですか。本文中の言葉を使って簡潔に書きなさい。

問二 「常識」とはどのような疑問ですか。最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 人の「知性」は、ガイアという視点からみれば、鯨や象の「知性」よりも劣っているのではないかという疑問。
 イ 人の「知性」も鯨や象の「知性」も、ガイアに存在する「知性」の異なる一面なのではないか、という疑問。
 ウ 鯨や象の「知性」はガイアの「知性」といえるが、人の「知性」はガイアの「知性」ではないのではないか、という疑問。
 エ 鯨や象の「知性」と人の「知性」は、ともにガイアに存在する同じような「知性」なのではないか、という疑問

問三 「オルカやイルカは決して、ただ餌を欲しいがために本能的に芸をしているのではない」とあるが、オルカやイルカは何のために芸をしているのか。本文中から十字と十一字で二つ書き抜きなさい。

問四 「水族館でオルカが見せてくれる「芸」の例は、本文中でいくつ挙げられているか、答えなさい。

問五 「か弱い人間(調教師)」と対照的な特徴をもつ存在として述べられているオルカの説明を、本文中から二十一字で書き抜きなさい。

ガイアの知性の定期テスト過去問分析問題の解答

問一 (例)鯨や象が人間と対等の「知性」をもっているとは思えないという常識。

問二 イ

問三
・調教師を喜ばせるため
・ 生きることを楽しむため

問四 二つ

問五 水中で生活している七メートルの巨大の持ち主

コメント

テキストのコピーはできません。