中学国語「話し言葉と書き言葉の定期テスト過去問分析問題」

中学国語「話し言葉と書き言葉の定期テスト過去問分析問題」です。

話し言葉と書き言葉、それぞれの特徴を把握しよう。
スポンサーリンク

話し言葉と書き言葉の定期テスト過去問分析問題

次のうち、話し言葉にあてはまるのにはA、書き言葉にあてはまるものはBで答えなさい。

➊その場にあるものや様子を「こそあど言葉」で示せる。
➋念を押したり、同意を求めたりする言葉多く使われる。
➌基本的に共通語を使う。
➍文末は常体(だ・である)か、敬体(です・ます)で統一する。
➎状況や相手に応じて、内容を省略することができる。
➏漢字や平仮名などの特徴を生かすことができる。
➐音声で伝える言葉である。
➑同じ音の言葉は、読み方を変えて区別する必要がある。
➒だれにでも正確に伝わるように、情報を整理する必要がある。
➓文字によって伝える言葉である。

話し言葉と書き言葉の定期テスト過去問分析問題の解答

➊A
➋A
➌B
➍B
➎A
➏B
➐A
➑A
➒B
➓B

コメント

テキストのコピーはできません。