中1国語「竜の定期テスト過去問分析問題」

中1国語「竜の定期テスト過去問分析問題」です。

  • 文章に出てくる、わからないことわざや語句の意味は最初に確認しておきましょう。
  • 気が弱く、引込み思案な竜の三太郎の心情の変化に気をつけよう。
スポンサーリンク

【中1】竜の定期テスト過去問分析問題

教科書の「竜」の文章を読んで次の問いに答えなさい。

問一 「大きなうなぎ」とあるが、大きなうなぎの正体を文章中から抜き出しなさい。

問二 「なま暖かい空気」とあるが、それは何か文章中から抜き出しなさい。

問三 「きゃっとわめいて、飛び上がった」のはなぜか、文章中から抜き出しなさい。

問四 「すっかり元気をなくしてしまった。」とあるが、なぜか。次から適切なものを1つ選び記号で答えよ。
  ア 人間がさわぐため、ため息一つ、くしゃみ一つできなくなったから。
  イ 人間をけちらすために、沼から顔をださなくてはならないから。
  ウ 人間に姿を見られたことで、沼に住む生物に迷惑をかけているから。
  エ 人間が三太郎を退治するために、沼の周りで待ち構えているから。

問五 「百姓たちは盛り上がって喜んだ。」のはなぜか、文章中の言葉使って書きなさい。

問六 「けがの功名」はどのような意味か。次から適切なものを1つ選び記号で答えよ。
  ア 災難や何気なくしたことが思いがけずよい結果を生むこと
  イ 二者が争っているのに乗じて、第三者が利益を得ること
  ウ 日ごろの善い行いが、いざというときに役立つこと
  エ 結果がよければ、その過程はそこまで大事ではないこと。

【中1】竜の定期テスト過去問分析問題の解答

問一 三太郎のひげ
問二 三太郎の吐いた息。
問三 人に見つかって、脅かされたから。
問四 ア
問五 日照り続きで困っていた田畑一面に大雨が降ったから。
問六 ア

コメント

テキストのコピーはできません。