中1国語「碑の定期テスト過去問分析問題」

中1国語「碑の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

碑の定期テスト過去問分析問題

教科書の「礎」の「原子爆弾が炸裂した瞬間のことを~どの人も全く同じな焼け方だった」の部分を読んで次の問いに答えなさい。

問一 原子爆弾が炸裂した瞬間に作家の太田洋子さんは、何をしていましたか。簡潔に答えなさい。

問二 「原子爆弾が炸裂した瞬間」とあるが、このときのことを作家の太田洋子さんは、どのように表現していますが、次から最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 爆風のすさまじさを擬態語を多用して表現している。
 イ 爆発の印象を淡々と語りかけるように表現している。
 ウ 爆発の衝撃の大きさを比喩を使って表現している。
 エ 爆風の恐怖を、周りの人の様子を詳細に書き表現している。

問三 「血路は川だ、飛びこめ」とは、どういう様子であるか、次から最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 助かるには、川に飛び込むしかない。
 イ 川に飛び込んだら助からない。
 ウ まだ生きていたら川に飛び込んだほうがいい
 エ 川に飛び込めば、怖くない。

問四 この文章には、何人の生徒の名前が出ていますか、漢数字で書きなさい。

問五 「不思議な、異様な」姿とは、どんな姿なのを次に説明しました。➊➋の(  )に当てはまる言葉を文書中から書き抜きなさい。ただし➊は二字、➋は五字とする。
 

(文)( ➊ )が変わり果てるほどの、( ➋ )を負っている姿。

問六 「不思議な、異様なその姿」の「その姿」を作家の太田洋子さんは、どのように感じているか。文章中より九字で書き抜きなさい。

碑の定期テスト過去問分析問題の解答

問一 蚊帳の中でぐっすり眠っていた。
問二 ウ
問三 ア
問四 四
問五 ➊形相 ➋重いやけど
問六 悲しく浅ましかった

コメント

テキストのコピーはできません。