中学歴史「近代革命(ピューリタン・名誉・独立戦争・フランス)」まとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史の「近代革命(ピューリタン・名誉・独立戦争・フランスなど)」まとめです。1640年のイギリスのピューリタン革命から1804年のナポレオンのフランス皇帝になるまでをまとめています。それでは、中学歴史の「近代革命(ピューリタン・名誉・独立戦争・フランスなど)」まとめをみていきましょう。

近代革命前のヨーロッパ

スポンサーリンク

絶対王政

16世紀ごろからヨーロッパの国王は、「国王の地位と権力は神から授けられたものであるから、人民はこれに服従しなければならない」という王権神授説をとなえ、絶対的な権力をにぎった。国王は、強力な軍隊と役人を従え、議会を無視し、国王を中心とする政治を行った。国王は、これらの費用をまかない、国力を高めるために、国内の経済を統制し、大商人を保護して輸出向けの産業をさかんにして貿易を奨励した(重商主義)。イギリスのエリザベス1世、フランスのルイ14世が典型的な絶対王政の王。

市民階級の成長

地主や富農・中小商工業者のなかには、土地を失った農民を賃金労働者としてやとい、毛織物工業などの工場制手工業(マニュファクチュア)を経営して、多くの利益をえようとした者もあった。こうした工場制手工業の経営者(資本家)を市民階級とよび、市民革命の中心となった。
確認中学歴史の「江戸時代|問屋制家内工業と工場制手工業」のまとめ

近代革命

市民階級が成長したイギリスでは、二つの革命がおこりました。

啓蒙思想

自由と平等もとに合理的な社会作ろうという思想。近代革命に影響を及ぼす。

  • ロック…イギリスの哲学者。社会契約説を唱える。
  • モンテスキュー…フランスの思想家。三権分立を唱える。
  • ルソー…フランスの思想家。人民主権を唱える。

確認中学公民の「啓蒙思想」のまとめ

ピューリタン革命

1640年から60年、王政が否定され、クロムウェルによる共和政治が行われる。

名誉革命

1688年、議会を無視する国王を追放し、新たなを王を迎える。翌年、権利章典を制定。名誉革命によってイギリスの議会政治の基礎ができた。

アメリカ独立戦争

北アメリカのイギリス植民地の人々が独立を達成。1775年植民地の人々がイギリス本国による新しい税と弾圧に抗議して戦いを始める。独立宣言を1760年6年に発表。

アメリカ合衆国の成立は、人民主権・連邦制・三権分立を柱とする合衆国憲法制定。ワシントンが初代大統領に選ばれる。民主的な合衆国憲法は後の各国の憲法に影響を与えた。

フランス革命

フランスで民衆が立ち上がり、絶対王政が倒された。

  • 絶対王政…国が絶対的な権力を握って行う政治。フランス革命は、1789年7月、絶対王政への不満から各地で反乱がおこる。
  • 人権宣言…フランス革命中に出された自由・平等・人民主権などをうたった宣言。

ナポレオン

革命後の政治で権力を握り、1804年に皇帝となる。ヨーロッパでの大部分支配する。1815年に敗退。ナポレオン法典は、法の基の平等・経済活動の自由などが定められる。ナポレオンのヨーロッパ支配により、自由・平等の革命の理念が広まった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



コメント

  1. […] 中学歴史の「近代革命(ピューリタン・名誉・独立戦争・フランスなど)」 […]