中2国語「紙の建築の定期テスト過去問分析問題」

中2国語「紙の建築の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

紙の建築の定期テスト過去問分析問題

教科書の「紙の建築」の「二〇一一三月~その信念のもとに活動を続けています。」の部分を読んで、次の問いに答えなさい。

問一 東日本大震災では、多くの被災者は何を余儀なくされましたか。本文中から四字で書き抜きなさい。

問二 「間仕切り」とありますが、これは何のために使用するのですか。簡潔に書きなさい。

問三 「課題もありました。」とありますが、どんな「課題」でしたか。本文中の言葉を使って書きなさい。

問四 「防災協定」は、その後、何が起こったときに役に立ちましたか。本文中から四字で書き抜きなさい。

問五 「その信念」とありますが、その内容として最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 仮設住宅の設計という仕事の経験を生かして、いつか大きな建物を設計したい。
 イ 使う人から喜んでもらえば、建築以外の仕事をしても喜びが得られるものだ。
 ウ 規模の大小に関わらず、住環境を改善することが建築家としての使命である。
 エ 災害時に避難所の住環境を改善することこそ建築家が最も大事にするべき仕事だ。

紙の建築の定期テスト過去問分析問題の解答

問一 避難生活

問二 (例)被災者のプライバシーを守るため。

問三 (例)避難所を訪ね歩き、管理者を説得するのに時間がかかりすぎたこと。

問四 熊本地震

問五 ウ

コメント

テキストのコピーはできません。