高校入試対策・国語文法の「紛らわしい品詞の識別問題」

シェアする

スポンサーリンク

高校入試対策・国語文法の「紛らわしい品詞の識別問題」について、実際に問題を解きながら、理解していきましょう。解説もつけていますのでそれも参考にして、識別問題でもしっかり得点していきましょう。それでは、高校入試対策・国語文法の「紛らわしい品詞の識別問題」です。
確認中学国語の「品詞の分類」のまとめ

「紛らわしい品詞の識別問題」

次の下線部の単語の品詞を、選択肢のア~コより選びなさい。

  1. 東京とパリの違い
  2. 今日は人通りが多い
  3. 妹がにこやかにほほ笑む。
  4. 金魚がすいすい泳ぐ。
  5. 遠くまで雷鳴が聞こえます。
  6. あなたが引き受けてくれれば安心だ
  7. はうれしく仕方がない。
  8. 文化祭の日は晴れるらしい。
  9. あらゆる方法で勉強をしてみた。
  10. 家に帰ったら手洗う。
  11. 右に曲がった。すると、犬がいた。
  12. テーブルの上に手紙が置いてあっ
  13. はい、私が井上です。
  14. 大きな箱をゆっくり持ち上げた。
  15. 新しい靴と買った。

<選択肢>
ア 名詞
イ 副詞
ウ 連体詞
エ 接続詞
オ 感動詞
カ 動詞
キ 形容詞
ク 形容動詞
ケ 助詞
コ 助動詞

スポンサーリンク

解答

解説

次のような手順で解いていきます。

  1. 自立語か付属語かを調べます。
  2. 活用の有無を調べます。(付属語で活用=助動詞、付属語で活用しない=助詞)
  3. 言い切りの形で調べます。(ウ段=動詞、い=形容詞、だ・です=形容動詞)
  4. どんな文の成分になるかを考えます。
    ・が・は・もをつけても主語になることができる=名詞
    ・主に連用修飾語になる=副詞
    ・連体修飾語になる=連体詞
    ・接続語になる=接続詞
    ・独立語になる=感動詞

あわせて確認

受け身…「ほかから何かをされる」の意味
可能…「何かをすることのできる」の意味
自発…「自然に(ひとりでに)そうなるもの」の意味
尊敬…相手や話題の人物を尊う言い方

材料・手段=「~を使って」の意味
場所=「~において」の意味
原因・理由=「~のために」の意味
限度=「~までで」「~だけで」の意味

連体修飾語を作る。=あとに体言がくる。
主語を表す=「が」に置き換えられる。
体言の代用=「(の)もの」「(の)こと」に置き換える

以上が、高校入試対策・国語文法の「紛らわしい品詞の識別問題」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク