中3国語「人間と人工知能と創造性の定期テスト過去問分析問題」

中3国語「人間と人工知能と創造性の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

人間と人工知能と創造性の定期テスト過去問分析問題

教科書の「人間と人工知能と創造性」の「コンピュータに小説を書かせる~これからの時代に必要な力である。」の部分を読んで、次の問いに答えなさい。

問一 「コンピュータに小説を書かせる研究」とありますあが、この結果わかったことを次のア~エより適切なものを一つ選びなさい。
 ア コンピュータには創造性がなく、似たり寄ったりの偏った小説しか書くことができない。
 イ コンピュータにも創造性があって小説が書けるが、面白くない上に書くのに時間がかかる。
 ウ コンピュータにも創造性があり、異なった発想の小説を隔たりなく生み出すことができる。
 エ コンピュータにも人間にも創造性があるが、人間のほうが面白い小説を書くことができる。

問二 筆者は、「今までにないことを思いつく」ことは、コンピュータと人間ではどちらが得意と述べているか、答えなさい。

問三 「人間とコンピュータは特異なことが異なる」とありますが、筆者は、人間はどうするのがよいと述べているが、文書中の言葉を使って、三十字程度で答えなさい。

問四 「人間と人工知能が協力して創作する」とありますが、小説を書く場合においては、どのようにすればよいですか。次のア~エより適切なものを一つ選びなさい。
 ア コンピュータが小説のアイデアを多く出し、人間がその中からおもしろうそうなものを選んで完成させる。
 イ 人間が本当におもしろい小説のアイデアを考え、コンピュータがそれを実際に書いて完成させる。
 ウ コンピュータと人間がお互いに小説のアイデアを出し合い、協力しておもしろいものを選び出す。
 エ 人間が小説のアイデアを出し、コンピュータがおもしろそうなものを選んで完成させる。

問五 「人間知能はこれからも進歩していく」とありますが、これに対して人間は何をすることが大切ですか、具体的に述べている部分を文書工夫から四十五字程度で書き抜きなさい。

人間と人工知能と創造性の定期テスト過去問分析問題の解答

問一 ウ

問二 人間

問三 (例)それぞれが得意なことを分担し、共同して物事に当たるのがよい。

問四 ア

問五 さまざまな経験を積んでバランスの取れた知識をもち、何がよくて何が悪いかの判断力を養うこと

コメント

テキストのコピーはできません。