中1国語「地域から世界への定期テスト過去問分析問題」

中1国語「地域から世界への定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

地域から世界への定期テスト過去問分析問題

教科書の「地域から世界へ」の「一九九ニ(平成四)年~と伝えています。」の部分を読んで、次の問いに答えなさい。

問一 「第一回 国際絞り会議」で「絞り」職人から村瀬さんは何を教えられたか。二つ簡潔に書きなさい。

問二 「このような取り組み」とあるが、村瀬さんはどのような取り組みを行いましたか。それを説明した文の➊➋の(  )にあてはまる言葉を本文中から書き抜きなさい。ただし、➊は7字、➋は5字とし、句読点や記号も1字とする。

(説明文)( ➊ )の技術を、展示会やワークショップなどを開催して( ➋ )で紹介した。

問三 「有松・鳴海絞りを生かした海外での商品開発や宣伝を工夫していきました」とあるが、具体的にどのような工夫をしたのか。二十字以内で二つ書きなさい。

問四 村瀬さんが考えていることとして適切でないものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 「絞り」の技術を体験した子どもたちには、世界を視野に入れて考えてみることをしてほしい。
 イ 「絞り」の技術が地域の文化や伝統としてつながっていることを、子どもたちに誇りに思ってほしい。
 ウ 新しい素材や技術を伝統的なものづくりを融合させて、発想の転機をはかっていきたい。
 エ 海外から集まってきた「有松・鳴海絞り」の研修を志願する人たちに、もっと自信をもってほしい。

地域から世界への定期テスト過去問分析問題の解答

問一
・「有松・鳴海絞り」が高い技術をもっていること
・「有松・鳴海絞り」の技術は、産業として世界的にも貴重であること

問二 ➊有松・鳴海絞り ➋欧米の各地

問三(例)
・それまで使っていなかった素材を使用した。
・洋服だけでなくクッションなども作った、

問四 エ

コメント

テキストのコピーはできません。