中1理科の「地層のつくりとでき方」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中1理科の「地層のつくりとでき方」についてまとめています。砂や泥などが分かれて層状に重なったものが地層である。その地層にのつくりとでき方について記述しています。それでは、中1理科の「地層のつくりとでき方」のまとめです。

地層のつくり

地岩石の粒(小石・砂・粘土など)や火山灰などが、層状に 重なったものを地層という。地層は、海底のほか、川下や湖の底などに堆積してできたものである。

スポンサーリンク

地層の重なり方

地層は、ふつうしまもようをつくっている。これをルーペなどでくわしく調べると、質のちがう層が重なっていることがわかる。

  • 砂からできている層
  • 粘土からできている層
  • 小石が集まった層
  • 火山灰が集まった層

などがあり、質によって色もちがっていることが多い。1つ1つの層の厚さもまちまちである。1枚の地層が非常に厚いために、しまもようがほとんどないものもある。

地層のでき方

地層の多くは海底の堆積物からできているが、湖に堆積した地層や川下の川原に堆積した地層もある。また火山灰が風に運ばれて陸地に堆積した地層もある。関東ロームのような火山灰層は、この例である。

川から海に運ばれるものは、砂・シルト・粘土など、さまざまな粒度をもっており、これらがまじっていることが多い。ところが、地層を見ると、1枚の地層では粒度がだいたいそろっており、それらが重なりあって地層をつくっ ている。これはすでに説明したように、堆積するまでにふるい分けが行われたためである。

環境の変化

川から運ばれる物質や海の状態に変化がなければ、同じような堆積物が重なってしだいに厚くなっていく。ところが、地層はふつう砂・シルト・粘土・小石などの層が重なりあってしまもようをつくっている。このように、ちがった層が重なって地層をつくる原因は、さまざまで単純ではないが、大地の変動が1つの原因と考えられる。

沈降

陸地が沈降すると、海岸線は陸地のほうに進行する。このため、これまで海岸から10kmはなれていた海底は海岸よりさらに遠くなり深さも深くなる。したがって、この場所への堆積物も変化し、一般にこれまでよりも粒の小さいものが堆積するようになる。また、陸地が上昇(隆起)した場合は逆になり、小さい粒の上に大きい粒が堆積する。
確認中1理科の「隆起と沈降」のまとめ

あわせて確認

以上が、中1理科の「地層のつくりとでき方」のまとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク