中1理科の「コケ植物」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中1理科の「コケ植物」についてまとめています。コケ植物は、根・茎・葉の区別がはっきりしない。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中1理科の「コケ植物」のまとめです。

コケ植物のからだ

ゼニゴケやスギゴケなどのコケ植物のなかまは、しめった地面に群がってはえるものが多い。

コケ類は、葉緑体をもっていて光合成を行う。からだのつくりは簡単なものが多く、維管束はない。最もふつうに見られるゼニゴケやスギゴケなどでは、雌株と雄株の区別がある。

スポンサーリンク

コケ植物のからだのつくり

コケ植物には、ゼニゴケのように、葉と茎の区別がまったく見られず、からだ全体が平たい葉のような形をしているものとスギゴケのように、葉と茎にあたるものがあるものとがある。どちらの場合も、根はなく、細い毛のような仮根があるだけである。また、コケ植物には、雌株と雄株の区別のあるものが多い。

仮根

種子植物やシダ植物で見られる根には道管などがあるが、コケ植物で見られる細い根のようなものにはそれらがないので仮根と呼ばれる。仮根の外見上の形態やはたらきは、根によく似ているが、内部の構造は簡単で、根の構造はもっていないので、水を吸収する力は弱い。おもにからだを地面に固定するはたらきをしている。

生育場所

コケ植物は、乾燥したところでは生育することはできない。岩や木、建物などの日かげでしめったところに、地面をおおうようにしてはえている。そうして、からだの全表面から水を吸収している。

雌株と雄株

コケ植物には、雌株と雄株の区別のあるものが多い。雌株では卵細胞がつくられ、雄株では精子がつくられる。ゼニゴケもスギゴケも、胞子は雌株につくられる。

コケ植物のふえ方

胞子のうの中でつくられた胞子が地面に飛び散ってふえる。コケ植物には雌株と雄株の区別があり、雌株にできた胞子が地面に飛び散ってなかまをふやす。雌株にできた卵細胞と雄株にできた精子が受精すると、雌株の卵細胞が育って胞子のうができる。この胞子のうから胞子が飛び散って地面に落ちると、胞子が発芽して、新しいコケの雌株または雄株ができる。

雄株のはたらき

浸水した後、雄株から精子が出される。 雌株の卵と受精すると受精卵ができ、やがてこの受精卵が胞子のうになる。

あわせて確認

以上が、中1理科の「コケ植物」のまとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る