中1理科「植物の根・茎・葉のつくりのポイントまとめ」

植物の根・茎・葉のつくりのポイントまとめです。道管と師管の位置やはたらき、双子葉類、単子葉類との違い、根毛での水や養分の吸収が特に注意することがポイントです。

スポンサーリンク

葉のつくり

葉のつくり図

  • 表皮…薄い細胞の層。所々に気孔が開く。
  • 歯肉…葉緑体を含む。
  • 葉脈…葉の維管束。

葉のはたらき

  • 養分をつくる(歯肉)
  • 水分を放出する(気孔)

蒸散

植物体内の水が水蒸気となって体外に出ていくことを蒸散といいます。蒸散は、主に気孔で行われ、気孔の数が多いほど蒸散量は多くなります。気孔の数はふつう葉の裏側の方が多いです。葉の表面にワセリンをぬると、気孔がふさがれ、水蒸気がからだの外に出ていかなくなります。

スポンサーリンク

茎のつくり

茎のつくり図
維管束の配列は、双子葉類が輪状、単子葉類は、まばらにつらばっていることがポイントです。

  • 文部…道管が集まっている。
  • 師部…師管が集まっている。
  • 形成層…双子葉類の茎にある。新しい細胞をつくる。

茎のはたらき

  • 道管…水や養分を葉に送る。
  • 師管…栄養分(有機物)にを根に送る。
スポンサーリンク

根のつくり

根のつくり図
<種子植物>

  • 根毛…根の先端近くの突起。
  • 根冠…根の先端をおおい、根を保護。
  • 成長点…根冠のすぐ内側にあり、新しい細胞を作る。
  • 維管束…道管と師管の束

根のはたらき

  • 土中の水や水に溶けた養分(無機物)を吸収する。
  • 植物体を支える。

コメント

テキストのコピーはできません。