▶ YouTube動画「トイトク」定期テスト・高校入試対策

中2理科「目と耳のつくりの定期テスト過去問分析問題」ポイント解説付

スポンサーリンク

中2理科「目と耳のつくりの定期テスト過去問分析問題」ポイント解説付です。

スポンサーリンク

目と耳のつくりの定期テスト過去問分析問題

図1は目のつくり、図2は耳のつくりを示している。次の問いに答えなさい。
目と耳のつくり問題図

(1)目、耳が受け取る体のまわりの刺激を、次のア~オから、それぞれ選びなさい。
 ア:音 イ:圧力 ウ:におい エ:光 オ:味

(2)目や耳のように、まわりのさまざまな状態を刺激として受け取ることができる体の部分を何というか。

(3)目や耳などにある、決まった種類の刺激を受け取る特別な細胞を何というか。

(4)目、耳が刺激を受け取って生じる感覚を、次のア~オから、それぞれ選びなさい。
 ア:触覚 イ:味覚 ウ:嗅覚 エ:聴覚 オ:視覚

(5)目が受け取った刺激の信号を、脳やせきずいに伝える神経を、図1のA~Eから選びなさい。

(6)耳が受け取った刺激の信号を、脳やせきずいに伝える神経を、図1のa~dから選びなさい。

目と耳のつくりの定期テスト過去問分析問題の解答

(1)目:エ 耳:ア

(2)感覚器官

(3)感覚細胞

(4)目:オ 耳:エ

(5)E

(6)d

スポンサーリンク

感覚器官のポイント

感覚器官が、刺激を受け取る機関で、目、耳、鼻、舌、皮ふなどがあります。

  • 刺激…外から生物に加えられる物理的、化学的作用のこと。
  • 反応…刺激を受けたとき、生物が行動を起こすこと。
感覚器官 刺激
臭い
皮ふ 温度、圧力など

感覚器官で受け取った刺激は、脳などに伝えられ、その刺激をもとにして動物は行動するのです。

各器官のはたらき

  • 目…視神経と大脳のはたらきによって物が見えます。光の刺激→レンズ(水晶体)→網膜→視神経→大脳→視覚
  • 耳…聴神経と大脳のはたらきによって音が聞こえます。音波(振動)→鼓膜→耳小骨→うずまき管→聴神経→大脳→聴覚
  • 鼻…においを感じます。空気中の化学物質→鼻の嗅細胞→嗅神経→大脳→聴覚
  • 舌…味を見分けます。水や唾液に溶けた物質→舌の味覚芽→味神経→大脳→味覚
  • 皮ふ…温点、冷点、痛点、圧点があり、各点で受けた刺激は感覚神経を通して大脳へ伝わり、そこで感覚が生じます。

目のつくり

  • レンズ(水晶体)…光を屈折させ、網膜上に像をつくる。ふくらみを変えることでピントを調節している。近くを見るときレンズは厚くなり、遠くを見るときレンズは薄くなる。
  • 虹彩(こうさい)…光が通る穴であるひとみの大きさを調節し、目に入る光の量を調節する。
  • ひとみ(瞳孔)…光が目の中に入る穴。暗いときは光を取り入れるために大きくなり、明るいときは小さくなる。
  • 網膜(もうまく)…光の刺激を受けとる感覚細胞がある。
  • 視神経…網膜で受け取った刺激を脳に伝える感覚神経。
中2理科
スポンサーリンク
中学理科の対策記事一覧
中学理科の定期テスト対策・高校入試対策の記事を一覧にしています。ご利用ください。
シェアする
中学生の無料勉強サイト|ダイスト

コメント

テキストのコピーはできません。