中2国語「自立とは依存先を増やすことの定期テスト過去問分析問題」

中2国語「自立とは依存先を増やすことの定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

自立とは依存先を増やすことの定期テスト過去問分析問題

教科書の「私が生まれた一九七〇年代には~支えていくものへと変わっていくのです。」の部分を読んで次の問いに答えなさい。

問一 「障がいそのものに対する考え方が一八〇度変わり」について、どのような考え方へと変わったのか。最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 障がいをもつ人のために社会や環境を作り変えていくことで、自立をうながしていこうという考え方。
 イ 障がいをもつ人が社会や環境に適応するための努力をしやすいように、社会や環境を整えていくべきだという考え方。
 ウ 障がいをもつ人が自分の障がいを克服することができるように、社会全体で支援していくべきだという考え方。
 エ 社会や環境の中にある障がいを取り除くことで、健常者でなくても社会の中で暮らせるようにしていこうという考え方。

問二 「親は大反対し」とありますが、それはなぜか。文章中の言葉を使って、三十字以内で書きなさい。

問三 「こうした経験」の具体例が書かれているのはどこからですか。初めの五字を書き抜きなさい。

問四 「医学の道を志すことを決めた」とありますが、それはなぜですか。最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア 自立を果たした自信を深め、より高い目標に向かう気になったから。
 イ 多くの人に助けられる中で、人や社会に関心をもつようになったから。
 ウ 助けてくれた人への感謝を、医者になることで表そうと思ったから。
 エ 人に助けられた経験から、自分も医学で人を助けたいと思ったから。

問五 「依存先を増やしていく」と同じ内容を別の表現で述べている部分を、文章中から十二字で書き抜きなさい。

自立とは依存先を増やすことの定期テスト過去問分析問題の解答

問一 エ

問二 社会というのは障がい者に厳しいところだと考えていたから。

問三 大学の近く

問四 イ

問五 頼れる場所を開拓していく

コメント

テキストのコピーはできません。