中2理科「血液の循環の学習ポイント」

シェアする

スポンサーリンク

中2理科の「血液の循環」についてまとめています。ヒトの血液の循環の流れには、肺循環と体循環の2通りある。そのあたりについて詳しくまとめています。それでは、中2理科の「血液の循環」のまとめです。

血液の循環

ヒトの循環
血液の流れには、心臓から肺をまわって心臓にもどる肺循環と心臓からからだ全身の各部をまわって心臓にもどる体循環の2つに分けられる。

スポンサーリンク

肺循環

血液が、心臓の右心室から肺動脈を通って肺へいき、肺の毛細血管をへて肺静脈を通り、心臓の左心房にもどる循環をいう。血液は、肺の中の毛細血管を通るとき、二酸化炭素を放出し、酸素をとり入れている。

体循環

血液が、心臓の左心室から大動脈をへて、からだの各部の動脈を通り、毛細血管をへて静脈にはいり、さらに大静脈を通って、心臓の右心房にもどる循環をいう。 体循環では、血液がからだの各部の毛細血管を通るとき、組織との間で養分と不要物とを交換したり、酸素を与えて二酸化炭素を受けとっている。

動脈血

左心室の収縮によって心臓から大動脈へ送り出される血液は、酸素を 多く含み、鮮紅色をしている。このような血液を動脈血という。動脈血は、動脈を通って体内の各部へ送られ、毛細血管の壁を通して、酸素や養分を組織に与える。それとひきかえに、組織で不要となった二酸化炭素など血液中にとけこんでくる。

静脈血

酸素を失った血は、暗赤色をしている。このような血液を静脈血という。静脈血は、静脈から大静脈をへて右心房にもどる。全身の毛細血管では、動脈血は酸素を周囲の細胞に与え、二酸化炭素を細胞から受けとって静脈血となる。

  • 体循環では、静脈血が静脈を流れ、動脈血が動脈を流れる
  • 肺循環では、静脈血が肺動脈を流れ、動脈血が肺静脈を流れる。

血液の種類

血管はからだの中のいたるところに枝分かれして分布し、血管系をつくっている。また、心臓に近い部分の血管は太いが、末端にいくにしたがって細くなる。ヒトの血管には、動脈・毛細血管・静脈の3つがある。

動脈

心臓から、からだの各部分へ送り出された血液が流れる血管。多くは、からだの内部のほうを通っていて、脈をうっている。動脈は、弾力のある厚い壁をもつ血管で、心臓から大動脈として出発し、しだいに枝分かれして多数の細い動脈となり、毛細血管に続いている。

静脈

からだの各部の毛細血管から心臓へ血液を送り出す血管。静脈の壁は、動脈に比べてうすく、弾力が少ない。また、動脈に比べて、からだの表面近くを通っている。静脈のところどころには弁膜があって、血液が逆流しないようになっている。組織から出てきた多数の静脈は、しだいに集合して少数の太い静脈となり、最後は大静脈として心臓につながる。

毛細血管

ヒトなどのセキツイ動物では、血管の末端は閉じているので、血液は組織の細胞と直接ふれることがなく、血液と細胞との間には、毛細血管のうすい壁がある。それで、細胞と血液との間での物質のやりとりは、組織液をなかだちとして行われる。

からだの各部に細かい網の目のようになって分布している血管。血液は毛細血管の中をゆっくりと流れる。毛細血管の壁は非常にうすく、1層の細胞層でできていて、動脈の末端部と静脈の末端部との間を連絡し、血液の中の血しょうや小形の白血球(リンパ球)は、しみ出すことができる。血液と外界または組織の細胞との間での物質のやりとりは、毛細血管のうすい壁を通して行われる。

毛細血管のはたらき
毛細血管は、直径が100分の5mm程度の細さで、自動的に収縮したり拡張したりして、血流を調節している。毛細血管には、暑いときには血液がたくさん流れて、からだの熱を逃がすようにし、寒いときには血液があまり流れないようにして、からだの熱が逃げないようにするはたらきもある。

門脈は、セキツイ動物の血管系で、いったん毛細血管を流れた血液(静脈血)を再び集めて、他の内臓へ送り込む太い血管。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る