中学歴史の「古代四大文明」のまとめ・練習問題

シェアする

スポンサーリンク

古代文明に関する練習問題についてです。学習のポイントは、それぞれの文明の特徴、場所をしっかりおさえることです。

古代四大文明

アフリカ・アジアに古代文明が発達した。

  • エジプト文明…ナイル川流域、国王の墓であるピラミッド。象形文字(ヒエログリフ)、太陽暦の発明。
  • メソポタミア文明…チグリス・ユーフラテス川流域。くさび形文字、太陰暦、60進法ほ発明。
  • インダス文明…インダス川流域。排水施設をもつ都市。
  • 中国文明…黄河流域に殷がおこる。春秋戦国時代に孔子が儒学(儒教)を説く。秦は、紀元前3世紀に始皇帝が統一した帝国。漢は「シルクロード(絹の道)」を通じた西方との交流。

古代の四大文明がユーラシア・アフリカ大陸の大河流域でおこりました。

古代文明に関する練習問題

次の問いに答えよ。ただし、(    )には適語を入れよ。

  1. 打製石器を使用し、狩りや採集が行われた時代を(    )時代という。
  2. (    )石器とは、石の表面をみがいて作られた石器である。
  3. メソポタミア文明では(    )文字が発明された。
  4. インダス文明は、(    )川流域におこった。
  5. 紀元前16世紀ごろ、中国におこった(    )では、青銅器が使われた。
  6. 三大宗教とは、(    )教、キリスト教、イスラム教である。
  7. 7世紀にイスラム教を始めたのは(    )である。
  8. 約700万年前ごろのアフリカに出現した、最古の人物を何というか。
  9. 約1万年前まで続いた、打製石器が使われた時代を何というか。
  10. 約200万年前ごろにエジプト文明がおこあったのは、何という川の流域か。
  11. メソポタミア文明で発明された文字を何というか。
  12. 紀元前6世紀前後の中国で、儒教を説いた思想家はだれか。
  13. 紀元前3世紀、始皇帝のもとで中国を統一した王朝を何というか。
  14. アラビア半島でおこり、アラーを唯一の神とした宗教を何というか。
  15. 殷の国で使用されていた亀の甲や牛の骨などに刻まれた文字を何というか。
  16. イタリア半島の都市国家からおこり、紀元前1世紀には地中海周辺の地域を支配した帝国を何というか。
  17. イエスによって、開かれた宗教は何か。
  18. 始皇帝が北方の遊牧民族の侵入にそなえるために築いた建築物を何というか。
  19. 秦に代わって、中国を統一した王朝を何というか。
  20. 漢の時代に八タルした西方との交通路を何というか。
スポンサーリンク

解答

  1. 旧石器
  2. 磨製
  3. くさび形
  4. インダス
  5. ムハンマド
  6. 猿人
  7. 旧石器時代
  8. ナイル川
  9. くさび形文字
  10. 孔子
  11. イスラム教
  12. 甲骨文字
  13. ローマ帝国
  14. キリスト教
  15. 万里の長城
  16. シルクロード
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク