中2理科の「細胞のつくり・はたらき」のポイント・練習問題

シェアする

スポンサーリンク

細胞のつくりとはたらきの練習問題です。学習のポイントは、動物と植物の構造の違いに着目し、それぞれ確実に覚えましょう。入試やテストでは、細胞のつくりと細胞分裂に関する出題が圧倒的に多いです。ここでは、確実に「細胞のつくり・はたらき」をおさえていきましょう。それでは、中2理科の「細胞のつくり・はたらき」のポイント・練習問題です。

細胞

細胞は、生物のからだをつくっている基本単位です。生命の基本単位といえるでしょう。そして、すべての生物はさいぼうからできています。多くの細胞が集まって、組織をつくり、組織が集まって器官をつくります。

  • 単細胞生物…からだが1個の細胞からできています。(例)ケイソウ、コウボ菌、アメーバなど。
  • 多細胞生物…からだが多数の細胞からできています。(例)肉眼で見える多数の生物。
スポンサーリンク

細胞のつくり

動物細胞と植物細胞で少し違います。

  • 共通…核・細胞質・細胞膜は、動物細胞、植物細胞ともにあります。
  • 相違…細胞壁、葉緑体、大きく成長した液胞は、植物細胞にだけあります。

細胞のはたらき

  • 核…生命活動の中心。遺伝にも関係しています。
  • 細胞質…細胞膜(全体をつつむうすい膜)、葉緑体(光合成をおこない、栄養分をつくる。)、液胞(栄養分や不要物をためる。)
  • 細胞壁…細胞内の保護と細胞の形の保持

植物の根の成長では、寝全体が一様にのびるのではなく、のびる部分は決まっていて、先端近くがよくのびます。成長点があるからです。生長点では、細胞分裂が盛んにおこなわれています。

細胞のつくりとはたらきの練習問題

(    )に適語を入れよ。
(1    )は、ふつう1個の細胞の中に1つある丸い形をした粒で、(2    )液や酢酸オルセイン液で赤く染まります。また、(3    )は、核のまわりの部分にあり、(4    )は、細胞質の一番外側のうすい膜になります。(5    )は、植物の細胞のみに見られ、細胞膜の外側にあり、植物の体を支えるため丈夫なつくりになっています。(6    )は、植物の細胞に見られ、内部に貯蔵物質や(7    )をふくむ液を蓄えている部分です。(8    )は、植物の細胞に多く見られ、光合成を行う緑色の粒です。生物の体を構成する最小の単位をは(9    )であり、からだがたくさんの細胞で出来ている生物を(10    )という。

解答

  1. 酢酸カーミン
  2. 細胞質
  3. 細胞膜
  4. 細胞壁
  5. 液胞
  6. 不要物
  7. 葉緑体
  8. 細胞
  9. 多細胞生物

以上が、中2理科の「細胞のつくり・はたらき」のポイント・練習問題となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク