中学地理「東南アジア」ポイントまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学地理の東南アジアについてのまとめです。東南アジアの国々の工業化進んでいるのが特徴です。入試でも、そのあたりが出題されます。それでは、東南アジアについてみていきましょう。

中学地理の東南アジア

東南アジアの国々は工業化が進んでいる

  • 気候…大部分が熱帯に属し、季節風の影響が大きい。
  • 宗教…マレーシア・インドネシアなどはイスラム教徒、タイ・ベトナムなどは仏教徒、フィリピンはキリスト教徒が多い
  • 農業…稲作が盛んで二期作を行う地域もある。タイは、米の輸出量と天然ゴムの生産量は世界一。マレーシア、インドネシアでプランテーションでコーヒーを栽培。
  • 工業…マレーシアは積極的に工業化政策すすめ、工場製品の輸出国となる。台湾は、外国企業誘致して工業化を進める。多くの日本企業はタイに進出。
スポンサーリンク

複雑な民族構成

一つの国にさまざまな民族が暮らす。中国系の華人の人々は、さまざまな分野で活躍。

東南アジアの農業

年に2回稲を栽培する二期作が行われている地域がある。タイやベトナムは世界有数の米の輸出国。マレーシアやインドネシア, フィリピンなどではプランテーションで天然ゴムやバナナなどの輸出用の作物を生産。ベトナムではコーヒーの栽培がさかん。
確認中学地理の「アジア州の農業」のまとめ

工業化の進展

工業団地を整備し、外国企業を受け入れシンガポールやマレーシア, タイで電気機械工業のアジアの自動車生産の拠点になっている 送用機械工業が発達。最近では、ベトナムやインドネシア, さらに賞金が安い ミャンマーやカンボジアなどにも工場が進出。教員や生活用品をつくる工場が進出しはじめた

東南アジア諸国連合(ASEAN)

貿易や人の交流で1967年に結成。この国が認している。 結びつきが強まる。日本や中国などとの関係も深まる。現在は10か国が加盟し、域内人口はヨーロッパ連合(EU)や北米自由貿易協(NAFTA) より多い6億1800万人(2013年)で、貿易額は日本を上回っている。最近は、政治・外交・安全保障の面でも緊密な連携をとるようになり、国際的な発言力を増している。

その他の国

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク