中学地理「南アメリカ州のポイントまとめ」

南アメリカ州に関する練習問題についてです。学習のポイントは、南アメリカでは先住民とヨーロッパ人が混じり合った州になります。他の地域の比べて覚えることは少ないので、赤道の位置、著名な山脈、河川、各国の特産物、工業の特徴を、確実に押さえておきましょう。

南アメリカ州

  • インカ帝国…アンデス高地で高度な文明が栄える。
  • 歴史…ポルトガルの植民地となったブラジル以外は、スペインの植民地で19世紀以降にほとんどの国が独立。
  • 民族…先住民はインディオ。世界各国各地から多くの移民。インディオとヨーロッパ系の混血のメスチーノ。ヨーロッパ系とアフリカ系の混血のムラートの割合が高い。
  • 公用語…多くの国がスペイン語とポルトガルが公用語。
    ポルトガル人とスペイン人はラテン系民族なので、ラテンアメリカとよばれる。
スポンサーリンク

南アメリカ州の地形

  • アンデス山脈…西部に高くて険しいアンデス山脈が南北に連なる。多くの鉱山都市がある。
  • アマゾン川流域…熱帯雨林が広がる。
  • ブラジル高原…中央部はサバナ気候で、草原が広がる。
  • ラプラタ川流域…温帯でパンパと呼ばれる草原が広がる。

ブラジル

ブラジルは、南アフリカ大陸の約半分を占める。

  • 人口…約1億9400万人で世界第5位。日系人も多く生活。
  • 農業…コーヒー・サトウキビの栽培がさかん。コーヒーの生産量・輸出量世界一。さとうきびを原料としてバイオエタノールを生産。
  • 鉱業…鉄鉱石・ボーキサイトなど鉱産資源が豊富。鉄鉱石の生産は世界有数。
  • 工業…南アメリカ最大の重化学工業国。BRICsの一員。
  • 環境問題…焼畑農業・道路建設・牧場の増設などにより熱帯林の破壊が進み、環境問題が深刻となっている。

南アメリカ州のその他の国々

  • アルゼンチン…ラプラタ川流域の広がるパンパ(草原)は世界的な農業地帯。
  • チリ…南北に細長い国。銅の生産量が世界一。
  • ペルー…かつて栄えたインカ帝国の遺跡が多く残る。金の生産量は世界一。2008年の調査では、漁業の生産量世界第2位。
  • ベネズエラ…南アメリカ最大の産油国。輸出の上位は石油・石油製品がしめている。
    鉱産資源に頼る国が多い(モノカルチャー経済

確認中学地理「南アメリカ州の一問一答」

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



コメント

  1. […] 中学地理の「南アメリカ州」で覚えておくべきことまとめ […]

トップへ戻る